天までとどけの九(ひさし)

九(ひさし)

スポンサードリンク

九(ひさし)は、天までとどけに登場する丸山家の五男。
丸山家の子供達の中でもおっとりとした性格をしています。
天までとどけの九(ひさし)・湯澤真伍

 

九は中学時代、体も小さく気が弱いために暴力的なイジメにあいました。
雄平から「いじめられた時はこれを使え。」と防犯ブザーを渡されたこともありました。

 

いじめが続いた結果、九はグレてしまい、ある日金髪になって帰って来ました。
そしてその頃から全く勉強をしなくなります。
でも、いくら金髪にしても丸山家の中では九は九であって、
最年少の十実子までが九を全く怖がっていなかったのが、九君らしいところです。
でも、いくら悪ぶっても工作をしている十実子にナイフの使い方を優しく教えたり、
ぶっきらぼうだけど本当は優しいお兄さんなんです。

 

雄平が怪我を負ったことをきっかけに、九も心を入れ替えて、黒髪になり、
勉強にもう一度向き合い出しました。
そして見事、七穂子や八菜子と同じ城南台高校に合格しました。
高校では野呂という仲の良い友達ができて、いつも一緒に遊んでいました。

 

天までとどけの九(ひさし)

丸山家:五男(13人兄弟の9番目)
俳優:湯澤真伍さん

スポンサードリンク