天までとどけの六都子(むつこ)

六都子(むつこ)

スポンサードリンク

五郎(ごろう)は、天までとどけに登場する丸山家の二女。
六都子は待子に次ぐ二代目「ちゃいかぁ」です。
天までとどけの六都子(むつこ)・滝沢幸代

 

六都子は小さな頃は妹の七穂子・八菜子と「スリーシスターズ」という感じでしたが、
大きくなるにつれて長女の待子ほど大人の女性でもなく、
七穂子・八菜子より大人であるという姉妹の中で中間的な立場にいました。

 

大学進学の希望はあったものの、丸山家の経済的事情題を考えて言い出せませんでした。
高校卒業後は、ロッテリアの店員や遊園地のぬいぐるみの被り物などのバイトも経験。
正平の恋人・尚子さんの紹介で、尚子さんの職場の黄陽出版でアルバイトをします。

 

作家の金子先生などにお世話になって出版の仕事に興味を持ちますが、
偶然見たTVドラマに感動した六都子は、シナリオライターという道を見出します。

 

黄陽出版に勤めながらもシナリオライターの川上詩織さんの下働きも務めるようになります。
文芸新社の柴田順さん、ロッテリアで六都子に一目惚れした大学生の小森淳くん、
川上詩織先生を通じて出会ったシナリオライターを志す青年野中さんなど、
お年頃の六都子には恋のお話が多く登場しました。

 

天までとどけの六都子(むつこ)

丸山家:二女(13人兄弟の6番目)
俳優:滝沢幸代さん

スポンサードリンク