天までとどけの11話から20話のあらすじ

天までとどけの11話から20話のあらすじ

スポンサードリンク

11話
出産を控えた定子は体調を崩して病院を訪れますが大事なく、家族一同一安心です。
しかし、定子の次は二女の六都子が風邪をひいてしまいました。
そこから定子を除く丸山家の家族全員に風邪がうつってしまって発熱します。
病院の待合室はまるで丸山家の貸し切り状態のようになって診察を受けます。

 

12話
四女の八菜子は、近所に住む是枝マキさんに空き家を貸してくれるように頼んでいました。
というのも、是枝のおばあちゃんは大変な資産家だったからです。
しかし、来年息子二人が家族を連れて帰ってくるので貸せないと断られてしまいます。
しかし、是枝家の家政婦さんから「息子さんはもう亡くなっている」という言葉を聞き、
雄平は気の毒に思います。

 

13話
少し気の弱いところがある五男の九は、中学生から脅された結果、
気が引けながらもスーパーでカセットテープの万引きに加担してしまいます。
中学生から万引きのお礼として貰った300円を持っているのを六都子に見つかってしまい、
定子に呼び出された九は、定子にすべてを白状しました。

 

14話
現在の3DKの公営団地では新しい子どもは迎えられないと広い家を探していますが、
雄平は大家族は家を借りにくいという現実を知り、子ども達も適当な家を探せずにいました。
現在の給料では引っ越しは不可能だと雄平が諦めかけた時、
公団住宅の横並びの2軒に空室が出たという嬉しい連絡を受けます。

 

15話
9回裏の逆転ホームラン!
大家族ということで特別に2戸1で横並びの2軒を借りることができましたが、
肝心な部屋割りでは子ども達全員が勝手な意見を言い、まったくまとまりません。
待子が個々の意見をまとめてそれを基に両親に部屋割りをしてもらうことになりましたが、
三女の七穂子が引っ越ししたくないと言いだしました。

 

16話
引っ越しの日が訪れました。兄弟達は新しい家への引っ越しに心浮かせていましたが、
待子だけは思い出が沢山詰まった現在の家を離れる寂しさを感じていて、
新居での生活を楽しみにしながらも少し感傷的になっていました。
新居では両親が決めた部屋割りが発表され、受験生の正平は個室を貰えることに。
高校生の正平と待子以外は転校することになりました。

 

17話
丸山家の食卓は子ども達の新しい学校や新しい友達の話で盛り上がっていました。
そんな中、普段はおしゃべりな七穂子が大人しいことが気掛かりな定子。
翌日、七穂子の担任から電話が入り、七穂子が2日連続で学校を休んでいることを知ります。
初潮を迎えた七穂子が学校で男子達から、からかわれていました。
定子と雄平は初潮という正しい知識を話し、七緒子を祝福します。

 

18話
引っ越しをしてから少し経った頃のある日、信平と五郎が部屋で騒いでいました。
真下の部屋に住んでいるおじいさんの大和田六助がすごい剣幕で怒鳴り込んできました。
子ども達は六助を嫌いますが、ある日銭湯で立派な刺青が入った六助さんと出会います。

 

19話
担任の正木に片思いをしている待子。
そんな正木に養護担当の前田先生が手作り弁当を渡したことを知り、苛立ちます。
しかも、翌日にはクラスメイトが「お弁当を作る会」を結成したことも面白くありません。
定子は待子の正木先生への憧れの心を感じとっていました。

 

20話
待子は友達の加藤ルミにディスコに行こうと誘われます。
待子は定子と雄平に正直にルミとディスコに行くことを話して、許しを貰いました。
しかし、一回りも上のルミの彼氏の西村も一緒に行くということは黙ったままでした。
ディスコへ行った翌日、待子にある電話がかかってきました。

 

天までとどけのあらすじ

天までとどけ 01話〜10話のあらすじ

 

天までどとけ 21話〜30話のあらすじ

 

天までとどけ 31話〜40話のあらすじ

 

天までどとけ 41話〜50話のあらすじ

 

天までとどけ 51話〜60話のあらすじ

スポンサードリンク