天までとどけの21話から30話のあらすじ

天までとどけの21話から30話のあらすじ

スポンサードリンク

21話
待子は友人のルミが了解なく勝手に担任の古賀に電話番号を教えたことに腹を立てます。
待子の担任への恋心を感じとっている母の定子は、そんな待子の困った様子を心配します。
そんな時、毎朝新聞社会部に勤める雄平は取材の途中、ある事件の犯人と遭遇します。

 

22話
翌日の新聞には、雄平と事件の犯人の記事が載りました。
待子は友人のルミから「彼氏の西村との子を妊娠しているかもしれない」と相談を受けます。
待子は、とりあえず妊娠しているどうかを早く確かめた方が良いという思いから、
早く病院に行った方がいいと勧めます。

 

23話
待子はルミから妊娠の相談を受け、困り果てます。
待子は大家族の中に育った一人の人間として芽生えた命の尊さや大切さを話しますが、
ルミは中絶を希望しているようで、立場を理解した待子は返す言葉が無くします。
待子達は西村を電話で呼び出しますが、西村の横には西村の同僚の古賀がいました。

 

24話
待子とルミは西村にルミが妊娠をしたことを伝えますが、
それを聞いた途端に彼氏の西村は「お金を出すから中絶してほしい」
「気をつけていたのだから妊娠なんてあり得ない」などと態度を急変させます。
一方、雄平は六助が話す昔の東京の思い出話がとても面白いと興味を持っていました。

 

25話
待子はルミの中絶費用を集める為、西村の後輩の古賀さんからお金を手配します。
古賀に父のフリをしてもらい、ルミは中絶手術を受けます。
西村は待子に中絶費用を払う気持ちを伝えますが、待子はきっぱりと断ります。
その電話の会話を聞いてしまった定子は…。

 

26話
電話で中絶の会話を聞いてしまった母・定子は、待子にどういうことかと問い詰めますが、
待子は固く口を閉ざしたままで、絶対に口を開こうとはしませんでした。
しかし、ルミの母の照子が学校に連絡したことで、すべての事情がバレてしまいました。

 

27話
ルミの母・照子が丸山家に乗り込んできました。
照子は待子が中絶の段取りを執ったとして、雄平と定子を責めます。
雄平は「中絶に反対だったのなら、なぜ最後まで反対しなかったんだ」と待子を叱り、
『友人を助けたかった気持ちを誰も分かってくれない』と待子は家を飛び出します。

 

28話
ルミの中絶の一件で担任の正木から呼び出された待子。
正木は、ルミのことを思い、学校にはこのことは黙っていようと提案します。
待子はカンパされた古賀にお金を返しますが、その時に聞いた西村の態度に腹を立て、
またそんな西村と今でも連絡を取り合っているルミに対しても理解ができずにいました。

 

29話
丸山家では、長男・正平の大学受験と、次男・信平の高校受験が迫っていた。
受験勉強に必至なる二人。そんな中、六助さんの思い出話に面白味を感じていた雄平は、
毎朝新聞の連載を取り決めた。
チャキチャキの江戸っ子気質である六助は照れ臭いと話すが、いざ新聞に連載が載ると…。

 

30話
階下に住む大和田六助は、大学受験に臨む正平のために、
学問の神様・菅原道真公を祀っている湯島天神のお守りを貰ってきてくれました。
お守りの名前は間違っていたものの、正平は六助からの気持ちを嬉しく思います。
そして、遂に正平の勝負の朝がやって来ました。

 

天までとどけのあらすじ

天までとどけ 01話〜10話のあらすじ

 

天までどとけ 11話〜20話のあらすじ

 

天までとどけ 31話〜40話のあらすじ

 

天までどとけ 41話〜50話のあらすじ

 

天までとどけ 51話〜60話のあらすじ

スポンサードリンク