天までとどけ2の1話から10話のあらすじ

天までとどけ2の1話から10話のあらすじ

スポンサードリンク

1話
正木と結婚しザイールに飛び立った長女の待子から日本に帰るという葉書が届いた。
一方、士郎が友達のピアノのお稽古の月謝を盗んだと濡れ衣を着せられた姿を見た五郎は
弟の士郎を守ろうとするが、逆にいじめているように見られてしまう。
待子が丸山家に帰ってきた。待子は、久しぶりの丸山家に懐かしさを感じていた。

 

2話
待子がザイールに行っている間に、信平は東大受験は諦めたと定子と喧嘩をし、
正平は大学には行かずに手品のバイトを始めていた。
ある日、待子が大森のおばあちゃんの家を訪れた帰り道、
「小さな子どもをいじめた」としてご近所さんに捕まっている五郎に出くわす。
「大家族だから子どもへの躾がなっていない」と言われたことに憤りを感じる。

 

3話
雄平は五郎に我慢をしろと諭すが、昼の一件をからかった公平と五郎が喧嘩を始めてしまう。
次の日、雄平は待子に新聞社のアルバイトの話を持って帰ってきた。
そんなある日、高校の旧友とお茶をしていた待子の前に、彼女を連れた信平が現れる。
信平が最近勉強に力が入っていない理由は彼女ができたことにあると待子は確信した。

 

4話
信平は、彼女のかずみの両親が外出している時にかずみの家に上がり彼女とキスをする。
そこに帰宅した母親は、なんとなくその空気を感じ取っている様子。
一方、雄平から「特別扱いはしない」ということで毎朝新聞のアルバイトを始めた待子は
毎日疲れ模様だった。
そんな時、柔道で足を捻挫した五郎が帰宅し、そこへかずみの母親が定子を訪ねてきた。

 

5話
かずみの母親は「受験を控えている大事な時期なので二人の交際をやめさせたい」と
定子を訪ねてきました。
翌日、信平はかずみの友人から「暫くは会えない」というかずみからの手紙を渡されます。
納得のいかない信平。一方、待子は慣れないアルバイトに四苦八苦していました。
ある夜、丸山家の家の外にかずみが佇んでいました。

 

6話
父親に叩かれて突発的に家を出てきたかずみ。
信平はかずみと話し合った後にかずみを自宅に送り、かずみの父親とも対面します。
待子は、高校生の同級生たちに歓迎会を開いてもらいますが、お見合いをした友達から
「見合い相手の母親に家事を細かくチェックされた」という言葉を聞いて、
所帯じみている自分がやりきれなくなる。

 

7話
定子は最近「友達の家で勉強をしている」という六都子の帰宅が遅いことが気になっていた。
そんな時、七穂子と八菜子が性への興味から性について書かれた少女雑誌を
布団に潜って隠れて読んでいるまま寝てしまい、ボヤ騒ぎを起こす。
幸いにも兄達が消化にあたり小火で済み、待子は二人の嘘を見抜いて雑誌を見つける。

 

8話
定子は性に興味を持つ七穂子と八菜子に、隠れて読むのはやめるよう注意します。
一方、相変わらず帰宅が遅い六都子は実は友達の家には行っておらず、
中山修三という耳や口が不自由な元・フルート奏者のを訪れていることが分かります。
娘を心配する雄平は、男性の家に簡単にお邪魔するのは良くないと伝える。

 

9話
雄平が新聞社の記者などを通じて音楽家の中山の身辺を調べると、
中山は長らく海外のオーケストラに在団し、数年前に耳の障害を発症し帰国したと分かる。
数日後、六都子と待子は中山のもとを訪れ、中山の素敵な人柄に待子も一安心する。
そんなある日、六都子が「中山が突然外国に行くことになった」と泣きながら帰ってきた。

 

10話
コペンハーゲンに近く旅立つことになった中山は、
「六都子の為に作曲した曲が出来上がった」と丸山家を訪れます。
中山が日本を離れることになって寂しい日々を送っていた六都子は大喜びして、
看護師になりたいという夢を持ちます。
一方、待子は恭介からもうすぐ帰国するという手紙を貰い、心待ちにしていました。
それから数日後、外務省から待子へ1本の電話が入ります。

 

天までとどけ2のあらすじ

天までとどけ2 11話〜20話のあらすじ

 

天までどとけ2 21話〜30話のあらすじ

スポンサードリンク