天までとどけ2の11話から20話のあらすじ

天までとどけ2の11話から20話のあらすじ

スポンサードリンク

11話
外務省からの電話は、待子の夫・恭介がザイールで死亡したという知らせだった。
少女を救おうとして川に流されて命尽きてしまった恭介。
雄平と定子はアルバイトから帰った待子を呼んで、恭介の事故の次第を話した。
敢えて明るくふるまう待子は、恭介の死を受け入れていない様子であった。
雄平はそれが気になっていた。

 

12話
若くして死別した待子を気遣うのは雄平と定子だけではなく、
兄弟達も皆待子を心配していた。
恭介が亡くなった連絡を受けて、待子は正平とザイールへと出発することになった。
出発間際、恭介の遺骨を引き取りに行く時に待子はこれまでの思いが溢れ、
涙して取り乱れた。ザイールに行けば恭介の死を認めることになるからだ。

 

13話
ザイールへ旅立った待子を雄平と定子らは心配でたまらない。
新しい人生を歩み始めてほしい思いはあるものの、そう簡単にいかないことも分かっていた。
そんなある日、十郎と士郎が大金の入ったバッグを拾ってきた。
信平と五郎は二人を連れてすぐに警察に届ける。
丸山家の子ども達は、落とし主が現れず、拾得者のものになることを願っていた。

 

14話
バッグの落とし主が判明した。証券会社に勤める男性は謝礼を贈ることを申し出たが、
定子はお金に目の色を変えていた子ども達の姿を見て考えた末に、
謝礼金は障害者施設に寄付してほしいと申し出た。
寄付に不満げな子ども達をなだめるため、次の休日は丸山家全員で銭湯に出かけた。
ザイールから届いた待子の手紙は、意外と元気そうであった。

 

15話
コペンハーゲンに発つ音楽家の中山の送別会が丸山家で行われた。
六都子は中山から思い出にとフルートを貰った。数日後、待子が遺骨を抱えて帰国した。
恭介によって助けられた子ども達の小学校の名前が「キョースケ・マサキ記念スクール」になり、
彼を讃える歌もできていた。待子はせめてもの、意味のある恭介の死が嬉しかった。

 

16話
恭介の葬儀を終え、待子はアルバイトを再開した。
友人達は「待子を励ます会」を開いてくれ、待子はその心遣いに感謝していた。
一方、雄平はとある汚職事件の謎を追うために九州へ長期出張することになった。
そして、信平は親に交際を反対されているかずみの「帰りたくない」という言葉を受け、
行く宛もないまま夜の街を彷徨う。

 

17話
定子やかずみの親達は、信平達の帰りが遅いことを心配して二人を捜しまわっていた。
信平達は階下の六助さんに助けを求め、六助さんが定子を訪ねることで、
信平とかずみはそれぞれ自分の家に戻った。
子を怒鳴り散らすかずみの親とは反対に、定子は信平に自分で考えさせようとしていた。
信平は非があったことを認め、定子に謝った。

 

18話
九州へ飛び立ってから3週間、子ども達を代表して七緒子とハ菜子が雄平を訪れた。
二人は家を掃除し、兄弟達から託された手書きのタペストリーまで部屋に飾っていた。
改めて、家族の思い遣りに感謝する雄平だった。
翌日、雄平が出かけた後に七緒子とハ菜子が帰り支度をしていると、
料理を持った美智子という着物姿の綺麗な女性が雄平を訪れてきた。

 

19話
七穂子と八菜子が九州から帰ってきた。
二人は、正平と待子に愛人を疑う謎の和装美人の美智子の存在を話した。
一週間後、噂の美智子が丸山家を訪ねてきた。美智子は田宮の知人の娘で、
田宮に頼まれて出張中の雄平に世話をしていていたことが分かった。
定子は二人を叱りつつも、愛人を疑う女性の存在を自分に黙っていた気遣いに感謝した。

 

20話
定子も雄平と会わせてやりたいと、子ども達は定子を九州に送った。
遊園地にデートに出かけた公平は、30過ぎの子連れ女性と楽しくデートする正平を見かけ、
待子に報告する。
その夜、待子が正平に真相を聞いてみると、正平は彼女の存在を認め、
クラブのホステスをしているその女性と結婚したい気持ちがあると告白する。

 

天までとどけ2のあらすじ

天までとどけ2 01話〜10話のあらすじ

 

天までどとけ2 21話〜30話のあらすじ

スポンサードリンク