天までとどけ3の11話から20話のあらすじ

天までとどけ3の11話から20話のあらすじ

スポンサードリンク

11話
信平が引っ越しをしてから、信平はガールフレンドができたらしく帰ってこない。
待子は大学の実習で2週間ほどアルバイトを休まなければならないため、
高校時代の友人の北川伸江に毎朝新聞のアルバイトの代わりを頼むことになった。
しかし、伸江は2歳の娘との間に人には言えない秘密を持っていた。

 

12話
待子を訪ねてきた伸江は夜になってもなかなか帰ろうとしなかった。
待子が心配をして尋ねると、伸江は娘に虐待を繰り返していることが分かった。
思い通りにならない娘に、子育てに加わらない夫、愚痴をこぼせば姑の耳に入る環境から、
娘に対して「殺してしまいそうで怖い」という思いさえ持っていた。

 

13話
雄平が毎朝新聞で虐待について調べてみると、意外に多いことが分かる。
少子化によって親が一人にかける期待が増え、思い通りにいかないと虐待をしてしまう。
のびのびと自由に育てられる丸山家には無縁の幼児虐待に、定子や待子は驚く。
伸江は待子のアドバイス通りにカウンセリングに通い始めたらしく、
精神状態も落ち着いているらしい。

 

14話
娘に幼児虐待を繰り返していた伸江は、夫婦関係や姑との確執などに悩んでいた。
カウンセリングに通いながら、待子も伸江の良い相談相手となっていた。
そんな折、贔屓にしているお米屋さんが反対されている結婚の仲人を定子に頼みに来る。
六助が仲人を務めることになった。その夜、2週間ぶりに信平が帰ってきた。

 

15話
信平はすぐに下宿に帰った。一方、米屋の小倉は六助とともに両親を説得しに行き、
六助さんの作戦が功を奏して無事に時江との結婚が許された。
お隣さんの栗田夫人に赤ちゃんが生まれた。
栗田夫人のお見舞いに行った病院の帰り道、定子は信平の下宿を訪問する。
信平の下宿を訪れると、信平と同じ大学に通うガールフレンドの鮎子がいた。

 

16話
定子は雄平に信平での家の出来事を相談するが、雄平は悠然としていた。
待子は、大学の実習期間に入った。
ザイールに橋を架けたいという待子に、定子は自分の為の夢を追ってほしいと話す。
ザイールへの思いは、未来の自分の為ではなく、亡夫・恭介の為ではないかと問うと、
待子は「恭介の思い出に生きるのが自分の夢」だと待子は言った。

 

17話
夏休みに入った子供達に、豊橋の叔父さん・修平から遊びに来ないかという連絡が入った。
修平は、まだ会ったことが無い十次郎と十実子に会いたいと言っている。
3人まで迎える準備があるらしく、残りの1人はくじ引きの結果、士郎に決まった。
年少組3人だけの旅を定子は心配するが、雄平は「良い経験になる。」と楽しみにしていた。

 

18話
乗り換え無しの年少組3人旅行。
しかし、予定時間になっても駅に来ないと豊橋の修平おじさんから連絡が入る。
士郎たちは「富士山を近くで見たい」と言った十実子に釣られて新富士で降車していた。
更に、財布を落としたり道に迷ったりとトラブルが続々と発生。
警察に連絡をした雄平に修平から無事に3人が到着したという連絡が入ったのは、
当初の予定から5時間を過ぎた頃だった。

 

19話
年少組3人の出来事は兄弟達に「兄弟の有難さ」を確認させるには十分で、
丸山家では家族の大切さについて話し合う場が設けられた。
そして、士郎たちが豊橋から帰ってきた。
是枝のおばあちゃんへお土産の竹輪を届けに行くと、お手伝いのカツさんがいた。
高圧的で口が悪いお手伝いさんだった。。根は良い人らしいが…。

 

20話
虐待をしていた伸江から待子に連絡が入った。夫の正彦と喧嘩をしたという。
待子が伸江のもとに駆けつけても「他人には関係ない」と取り付く島も無い。
見かねた待子が仲裁を申し出ると正彦は実家に帰ってしまい、伸江は離婚の決心をした。
一方、マキに密かに恋心を抱いている六助さんはマキのもとを訪れますが、
案の定、カツさんと喧嘩をしてしまう。

 

天までとどけ3のあらすじ

天までとどけ3 01話〜10話のあらすじ

 

天までどとけ3 21話〜30話のあらすじ

 

天までどとけ3 31話〜40話のあらすじ

 

天までどとけ3 41話〜45話のあらすじ

スポンサードリンク