天までとどけ3の21話から30話のあらすじ

天までとどけ3の21話から30話のあらすじ

スポンサードリンク

21話
信平が彼女の鮎子を紹介しようと丸山家を訪れた。
結婚話として捉えられたくない信平は、祖母の末子に同伴を願い出ての一緒の帰宅だった。
末子と雄平は二人を見守りたいと、定子は今も心配な様子である。
そんな折、絹江さんと雄平の上司の田宮さんから、待子に見合い話がそれぞれ舞い込む。
恭介が亡くなって2年が経っていた。

 

22話
夏休みも終わり、2学期が始まった。
田宮さんの妻・美和子と絹江叔母さんは、見合い相手の男性の写真を持ってきた。
恭介を忘れらない待子ではあったが、前向きに見合い話を聞き、
悩んだ末に両者とお見合いをすることになった。
一方、六助さんが仲人に入ったお米屋の小倉と時江の結婚式が盛大に行われた。

 

23話
デンマークから六都子宛てに手紙が届いた。
六都子は耳が不自由な元・フルート奏者の中山とは今でも良い友達で、
文通を続けている。現在はデンマークの知り合いの家に住んでいるようだ。
デンマークから届いた郵便物は、手紙ではなく中山の訃報を知らせるものであった。
六都子の為に作った曲を聞いて彼を偲んだ。

 

24話
待子が定子の母の末子の家でお見合いをした。
相手は商社のロンドン支社に勤める岡村正志という誠実な男性だった。
待子が再婚であることを納得していた岡村は、ふと待子に土木を学ぶ理由を聞いた。
待子は「どうしても話しておきたい」と、亡き夫・恭介の話を正直に岡村に話した。

 

25話
待子のお見合いの翌日、末子が丸山家を訪ねてきた。
見合い相手の岡村から直々に「出会うのが早過ぎた。」とお断りがあったという。
岡村はまだ待子の心の傷が癒えていないことを感じていた。
待子は、亡き夫・恭介への気持ちに整理をつけるにはまだ暫く時間が必要だと感じ、
田宮さんの方のお見合い話も断ることにした。

 

26話
六助の一人息子が脳梗塞で亡くなったという訃報が入った。
鮎子とのことで以前お世話になった信平は焼香に訪れ、六助と酒を酌み交わす。
しばらく後、六助の亡き息子の妻の芳子が丸山家を訪れた。
六助は芳子に「籍を抜いて実家に帰れ」と言っているのだという。
六助の意思はとても固く、揺るぎそうに無かった。

 

27話
雄平は毎朝新聞から、勤続25年を記念して2週間の特別休暇と50万円の報奨金が与えられた。
子供達の勧めから海外旅行を計画していると、是枝マキさんにもその話が伝わり、
是枝のおばあちゃんのドイツに住むお友達のホテルに行くことになった。
是枝のおばあちゃんと六助さんも同伴する海外旅行が決定した。

 

28話
雄平と定子がいなくなった丸山家は大騒ぎ。
是枝のおばっちゃんの家の住み込みのお手伝いさんのカツさんが、
子ども達の面倒を見てくれている。
「家に入る時は靴を揃えなさい。」「家に帰ったら手洗い、うがいをしなさい。」と、
これまで自由に育てられた丸山家の子供達にとっては聊か面倒な様子である。
待子は丸山家の大騒動にうんざりとしていた六都子を励ました。

 

29話
両親がいない丸山家は相変わらず騒がしく、カツが口うるさく取り仕切っていた。
陣中見舞いに合鍵を使って訪れた絹江さんをカツは空き巣扱いする。
定子の母・末子は黙っていられず、カツを追い出そうと丸山家を訪れますが、
カツの迫力には勝てずに家に帰ってしまう。
一方、ドイツから届いた定子の絵葉書に丸山家は盛り上がっていた。

 

30話
大学に通う為に下宿している信平のアパートを、公平と五郎が訪れた。
信平のガールフレンドの鮎子も自宅を訪れ、五郎と公平は緊張気味だ。
一方、離婚を決意していた伸江が、娘を連れて、離婚の報告をしに丸山家を訪れた。
離婚した後は娘を虐待することもキッパリと無くなったそうで、待子は一安心する。

 

天までとどけ3のあらすじ

天までとどけ3 01話〜10話のあらすじ

 

天までどとけ3 11話〜20話のあらすじ

 

天までどとけ3 31話〜40話のあらすじ

 

天までどとけ3 41話〜45話のあらすじ

スポンサードリンク