天までとどけ3のあらすじ

天までとどけ3のあらすじの概要

スポンサードリンク

天までとどけ3は、1994年に放送された「天までとどけ」の第3シリーズです。

 

天までとどけ3のあらすじでは、銀行員からおもちゃ職人への「正平の転職」が
大きく描かれています。
正平の他にも、天までとどけ3は前作から2年が経ち、年長組の自立が始まります。
正平とおもちゃ、信平と医療、公平と料理など、将来への道が展開されていきます。

 

天までとどけ3でもう一つ特徴的なことがあるとすれば、
丸山家の歴史の中で唯一の養子となった「アンセルモ」の存在です。
アンセルモの存在は視聴者から「天までとどけの謎」として扱われることも多く、
後の天までとどけ4でサラっと存在がフェードアウトしていったような扱い方を見ると、
やはり無理があった感は否めません。

天までとどけ3の番組情報

制作年、放送期間 1994年2月21日 - 4月22日
全話数 全45話
制作 TBS、アンテンヌ
原作 各務英明、坂井清
脚本 布勢博一
ドラマ主題歌 Emu「涙くんさよなら」
プロデューサー 高橋泰、弘田九三、田中満
ディレクター・監督 中村金太、川田理

天までとどけ3のあらすじ

天までどとけ3 01話〜10話のあらすじ

 

天までとどけ3 11話〜20話のあらすじ

 

天までどとけ3 21話〜30話のあらすじ

 

天までどとけ3 31話〜40話のあらすじ

 

天までどとけ3 41話〜45話のあらすじ

スポンサードリンク