天までとどけ4の1話から10話のあらすじ

天までとどけ4の1話から10話のあらすじ

スポンサードリンク

1話
長女の待子は、毎朝新聞のアルバイトを辞め、設計事務所でアルバイトをしていた。
長男の正平も木材おもちゃ工場で毎日頑張っている。
一方、信平は鮎子の妊娠させてしまったことに動揺していた。
信平は鮎子に中絶を勧め、中絶費用を集める為に待子にこっそりと相談した。
それを聞いた待子は驚き、お金は貸せないと言った。

 

2話
信平の「子どもが原因で犠牲になりたくない。」という言葉に鮎子は傷付いた。
正平は兄として信平の相談に乗ろうとするが、中絶を決めている信平は聞く耳を持たず、
正平は念の為にと用意していたお金を置いてアパートを去る。
信平は丸山家を訪れて定子に鮎子の妊娠を打ち明ける。
命に対しての軽々しい発言に、定子は信平を引っ叩いてしまう。

 

3話
定子に叱られたことが応えた信平は、鮎子の部屋を訪れて「産んでほしい」と思いを伝える。
しかし、家から出てきた鮎子は「もう終わった。」と告げるだけだった。
鮎子は信平の犠牲という言葉を受けて中絶した後だった。
別れを告げる鮎子。その夜、雄平は信平の下宿先のアパートを訪れ、信平と話し合った。

 

4話
鮎子は静養の為に実家の須坂に帰っていた。定子は須坂に行かずにはいられなかった。
息子の行いを謝罪しながらも、定子は交際を続けてほしいと鮎子にお願いした。
しかし、鮎子の決心は固く揺るがないものになっていた。
数日後、信平が丸山家に怒鳴り込んできた。
自分の許しも無く勝手に鮎子に会いに行った定子が許せなかった。

 

5話
定子の落ち込みを見かねた待子は信平の下宿先を訪れた。
「お母さんに当たるのは筋違い」という待子の言葉を、誰よりも信平自身が分かっていた。
そして信平は頭を冷やす為にも自転車で日本一周をすることを決める。
信平が正平に託した母への手紙には「怒鳴りつけたり心配をかけて申し訳ない。
元気で帰ってくる。」と謝罪の言葉が綴られていた。

 

6話
丸山家には珍客が訪れた。丸山家を訪れた山羊は十郎の宿題をムシャムシャと食べている。
定子が警察に届けると、山羊は「こどもの国」から逃げ出した山羊だと分かり、返しに行く。
こどもの国の和田獣医はキャンピングカーに暮らし、数年前までアフリカにいたという。
一方、九が3日連続で学校を休んでいると担任から定子に電話が入る。

 

7話
九は夜遅くになっても家に帰らなかった。
九は日中に担任の石川が丸山家に来訪していたことを知っていたからだ。
兄弟達が夜通しで捜し、正平が団地の階段下に隠れている九を見つけて一緒に家に帰る。
九はいじめられていることを告白した。雄平は校長と担任の石川に九のいじめを報告する。
七緒子は、いじめをやめるように九の同級生に注意をした。

 

8話
こどもの国の和田真吾が丸山家を訪れた。子供達は和田の動物の話に興味津々だ。
一方、七緒子は告げ口をしたことで更にいじめに遭っている九を見つけ、九を助ける。
雄平はいじめが続いてはならないと、九に防犯ブザーを持たせる。今度いじめられたら、
「嫌だ」と意思を示したうえで、防犯ブザーを鳴らして周りに助けを求めろと教えた。

 

9話
九がまたいじめられたが、防犯ブザーを鳴らしたことで先生がいじめを突き止めた。
九はいじめに負けない為に独学で空手を学び始める。
小学校の授業参観日、子どもが沢山いる定子は教室を回るだけでも大変だ。
授業参観後、定子は十郎の担任からPTAの役員になってくれないかとお願いされる。
数日後、士郎が学校で飼っていたニワトリを連れて家に帰ってきた。

 

10話
士郎が学校から貰ってきた鶏は、こどもの国の獣医師・和田のもとに預けることになった。
待子が設計事務所での仕事を終え帰宅すると、子ども達が泣いていた。
和田が「光にある実家で預かってもいいが、いずれニシキヘビの餌になる。」と言ったらしい。
無神経な発言が許せず、待子は和田のキャンピングカーに怒鳴り込みに行く。

 

天までとどけ4のあらすじ

天までとどけ4 11話〜20話

 

天までどとけ4 21話〜30話

 

天までどとけ4 31話〜40話

スポンサードリンク