天までとどけ4の21話から30話のあらすじ

天までとどけ4の21話から30話のあらすじ

スポンサードリンク

21話
待子は設計事務所での居心地が悪かった。内原のプロポーズを断ったことが原因だ。
待子は「辞めた方がいいのかもしれない」と上司の所長に相談する。
そんな待子が帰路につくと、待子を待っていた和田に出会う。
和田は「結婚してください」と待子にプロポーズをする。

 

22話
急展開でプロポーズを受けた待子は、運命について考えていた。
そんな時、六助とカツを結婚させようと、六都子と七穂子と八菜子の3人が動き出す。
本人たちの照れもあって、その話はなかなか上手くは進まなかった。
一方、一晩よく考えた待子は、和田のプロポーズを受けることを決心する。

 

23話
夏休みも終わり、丸山家にはいつもの騒がしい朝の時間が戻ってきた。
久美子が丸山家に遊びに来た。家出をしてきた久美に定子は朝食を作るが、
久美が帰った後に財布の中のお金が無くなっていることに気付く。
その翌日、和田が雄平に結婚の許しを乞いに丸山家を訪ねてきた。
雄平は驚きつつも、待子の再婚を喜んでいた。

 

24話
定子と待子と末子が温泉旅行に行っている間に、丸山家に大きな出来事があった。
次男の信平が日本一周の自転車旅行から帰ってきたのだ。
信平の話す色々な体験談に、雄平は一回り大きくなった信平の姿を感じた。
一方、正平は尚子さんから頼また木の玩具に関する雑誌に掲載する原稿を書き上げた。

 

25話
七穂子は学校の帰り道、シンナーを吸う久美を見つける。
久美達を窘めると、逆に七穂子が殴られて怪我を負ってしまう。
「例え正しくても、相手が刃物を持っていたらどうする」という雄平の言葉も、
正義感の強い七穂子は理解ができない。
一方、正平は和田と飲みに行き、「人を愛していた人は素敵」と微笑む和田に安心する。

 

26話
待子の結婚が決まり、結婚式を挙げない2人の為に丸山家でパーティーが開かれた。
祖母の末子からは手縫いの小袖、十実子から手作りのビーズのネックレスが贈られた。
待子のすべてを受け入れてくれた和田と丸山家の家族に感謝する待子だった。

 

27話
待子と和田さんの結婚披露のため、新郎新婦と雄平と定子は、山口県光市に発った。
そんな時、不在の丸山家に泥棒が入る。
次々と帰宅する子ども達に泥棒も出るに出れない状態に…。
結局、夜中に七穂子が泥棒を見つけて空き巣の常習犯を捕まえる。
翌日の毎朝新聞の朝刊には、子ども達の写真と事件の概要が大きく掲載された。

 

28話
最近の丸山家は、六都子が始めた文化祭の芝居の稽古によって家が賑やかだ。
六都子の同級生の女子高生のパワーに、さすがに丸山家の男達も押され気味…。
一方、正平が仕事で思わぬトラブルに巻き込まてしまう。
考案したおもちゃが意匠登録侵害にあたると訴えられそうになったのだった。
正平は裁判沙汰になることを恐れ、落ち着かない日々を過ごしていた。

 

29話
雄平と定子が光市から帰ってきたが、疲れがたたり、定子は寝込んでしまう。
定子が家で寝ていると久美が突然丸山家を訪れてくる。
「死にたい」と泣き叫ぶ久美から事情を聞くと、男達から乱暴を受けたことが分かった。
更に家族から「身から出たサビ」とまで言われて叩かれたらしい。
定子は優しく久美を抱きしめた。

 

30話
待子と和田が新婚旅行から帰ってきた。
住む所を探している二人だったが、なかなか良い場所が見つからない。
仕方なく、しばらくは2人でキャンピングカーで暮らすことにする。
一方、正平の意匠登録侵害の件は、同じ零細工場同士ということもあって、
おもちゃの名前を変えれば販売してもいいという形で和解することで話が纏まった。

 

天までとどけ4のあらすじ

天までとどけ4 01話〜10話のあらすじ

 

天までどとけ4 11話〜20話のあらすじ

 

天までどとけ4 31話〜40話のあらすじ

スポンサードリンク