天までとどけ4のあらすじ

天までとどけ4のあらすじの概要

スポンサードリンク

天までとどけ4は、1995年に放送された「天までとどけ」の第4シリーズです。

 

天までとどけ4の主なテーマは「信平の彼女・鮎子の妊娠」「待子と和田さんの結婚」です。
天までとどけ4では、子供達の具体的な巣立ちが描かれています。
正平はおもちゃ職人に、待子は志を持って設計士事務所で働き、信平は医大生、
公平は外国客船のコックに推薦され、五郎は警察官の道を進み出します。

 

また、天までとどけ4からは待子に代わり、六都子からの視点を通してドラマが描かれます。
昼ドラのお化け番組として天までとどけのドラマが安定してきた頃もこの頃で、
パート4までのシリーズ前期で12.9%の平均視聴率を叩きだしています。

天までとどけ4の番組情報

制作年、放送期間 1995年2月20日 - 4月14日
全話数 全40話
制作 TBS、アンテンヌ
原作 各務英明、坂井清
脚本 布勢博一
ドラマ主題歌 川越美和「涙くんさよなら’95」
プロデューサー 高橋泰、木川康利
ディレクター・監督 中村金太、川田理

天までとどけ4のあらすじ

天までどとけ4 01話〜10話のあらすじ

 

天までとどけ4 11話〜20話のあらすじ

 

天までどとけ4 21話〜30話のあらすじ

 

天までどとけ4 31話〜40話のあらすじ

スポンサードリンク