天までとどけ5の1話から10話のあらすじ

天までとどけ5の1話から10話のあらすじ

スポンサードリンク

1話
五郎と公平が家を離れて1年が経った。待子は和田との間に一男をもうけた。
そんな中、センター試験の出来も良かった高校3年生の六都子が進学をしないと言い出す。
これと言った理由は無いようだが、信平と五郎は六都子が心配になり話を聞いていた。

 

2話
大学への進学をやめると言い出した高校3年生の六都子は、内心で進学を迷っていた。
六都子は、大学に行って何かを学びたいという目的も無い代わりに、
進学をせずに何かの仕事に就きたいという思いも無かった。
一方、最近少し荒れている九が突然金髪になって家に帰ってきた。

 

3話
金髪にした九に家族中は大騒ぎをしていた。
一方、雄平は「案外似合っている。明日からも金髪で学校に行きなさい。」と叱らない。
そして、雄平は他の兄弟達に九の金髪についての話題はこれからしないようにと禁止した。
九の担任も雄平からの連絡を受け「しばらくは様子を見る」とのことで了解した。

 

4話
今度は九が高校には進学せずに働くと言い出した。
定子は「どうせ俺なんか、どうせ俺なんか」という九の言葉に引っかかり、
自分を大切にしてほしいと九と話し合いをする。
金髪の九は叔母が開く浜田美容室に行き、黒髪に戻したいとお願いする。

 

5話
八菜子も七穂子と同じ城南大高校への進学が決まった。
六都子は大学には進学せず、待子の子のベビーシッターのアルバイトをしながら
英会話の勉強を始めた。
黒髪に戻ったものの九は依然として勉強はせず、成績はみるみるうちに落ちていった。
原因を聞いた定子は、九から「成績で人間を判断するのかよ」と言われてしまう。

 

6話
警察官になった五郎は、実家からさほど離れていない交番勤務に配属される。
八菜子、九、十郎、士郎は五郎の働く姿を見に行き、警察官姿の五郎をからかう。
一方、定子が九の担任から呼び出された。
九の成績が落ちてしまって今のままでは進学できないということだった。
自主的に勉強に励むようになることを定子は願っていた。

 

7話
正平が作った木材の玩具に2万個の注文が入った。
2万個という桁外れの注文に社長の松川周吉さんも正平も驚きを隠せない。
丸山家では、士郎はピアノが弾けるらしいことが分かった。
遊びに行っている友達が習っているレッスンを見ているうちにピアノを覚えたという。
ピアノを買ってやることはできないが、雄平は応援してやりたい気持ちで一杯だった。

 

8話
豪華客船のアチーバ号にコックとして乗船していた公平が帰国した。
予定よりも遅れた帰国で心配していたが、帰路も船でコックをして帰ってきたらしい。
帰国久しぶりの再会に丸山家の子どもは大喜び!
公平はカジノで儲けたらしく、子ども達は沢山のお土産に大喜びしていた。

 

9話
1年ぶりに帰国した公平は、お土産を渡しに祖母の末子の家を訪れる。
末子は公平が好きだった蕎麦掻を用意して公平を歓迎した。
夜は、公平と信平と五郎で居酒屋へ行く。
特に、大の仲良しの信平と公平は、兄弟の再会を喜んで心行くまで飲んだ。
一方、七穂子は城南大高校の生徒会長選挙に立候補した。

 

10話
七穂子が城南大高校の生徒会長に当選した。
そして、五郎は空き巣を見事に捕まえ、初めての署長賞を受賞した。
五郎は貰うことに意味がある署長賞が貰えたことが何より嬉しかった。
一方、六都子はハンバーガーショップでアルバイトを始めた。
一生懸命に働く六都子の姿を見て、定子も嬉しそうだった。

 

天までとどけ5のあらすじ

天までとどけ5 11話〜20話のあらすじ

 

天までどとけ5 21話〜30話のあらすじ

 

天までどとけ5 31話〜40話のあらすじ

スポンサードリンク