天までとどけ5の11話から20話のあらすじ

天までとどけ5の11話から20話のあらすじ

スポンサードリンク

11話
六都子がハンバーガーショップでアルバイトを始めて2週間が過ぎた。
友達を介して、常連客の小森という城陽大学3回生の男性が六都子に交際を申し込む。
六都子は「結婚をしていて子どももいる。」と嘘をついて交際を断る。
その夜、一也が高熱を出し、定子が待子の家へ駆けつけた。

 

12話
一也の突然の高熱に待子も取り乱したが、翌日には無事に熱も下がった。
今回の一件でも母親としての自覚が足りないことを定子に叱られた待子は、
一也を生んだことでこれまでの定子の思いが理解できた待子だった。

 

13話
和田さんの母・くに子が山口県の光市から上京することになった。
待子は、生まれた此の方山口県から出たことがないお母様に出す料理に悩み、
公平に頼んで舌平目を使ったフランス料理を作ってもらう。
味は好評だったが、贅沢のし過ぎを指摘され、弟に作ってもらったことを白状する。

 

14話
次の日曜日、くに子が丸山家に挨拶に訪れた。信平や五郎も駆けつけて出迎えた。
そこへ、六助の後に入居した山脇ルイ子さんから「煩くて主人が休めない」と苦情が来る。
くに子は山脇さんのご主人に皆で謝りに行こうと提案し、山脇宅へ謝罪に訪れる。
士郎は部屋にあるルイ子のピアノを発見し、弾かせてほしいとお願いした。

 

15話
くに子は長男の正平へのお見合い写真を持ってきていた。
知り合いの鰻屋の娘さんでとても良い子だと聞かされる。
正平は今はまだ結婚をする意思がないと断りますが、後日その令子さんが上京し、
東京に泊まっているということを知り、放ってはおけないと会う約束をする。

 

16話
くに子の知り合いの鰻屋の娘・令子と正平はお見合いをすることになった。
正平が令子さんを迎えに行き、令子の希望で樋口一葉記念館に行く。
その後は松川公房で尚子さんと鉢合わせする。
正平は既に勘付かれた片思い相手がいることを令子に打ち明けると、
令子にも結婚の意思は無く、仕事の暇を取って上京したいだけだったことが分かる。

 

17話
日本に戻ってからしばらくゆっくりとしていた公平に就職の誘いが舞い込む。
豊橋でスーパーマーケットを営んでいる雄平の兄・修平の知り合いが、
とある店のオーナーシェフを務めていて、そのフランス料理店が人手不足だという。
料理の世界では有名な店なので、公平は準備を整えて翌日面接に向かう。

 

18話
修平おじさんの知り合いがオーナーシェフを務めるフレンチ店の面接を受けた公平は、
合格点を貰った。
あとは公平の気持ち次第だが、修平の立場も考えて悩んだ結果、公平は誘いを断る。
公平は雄平と定子に「高級店ではない店で働きたい」と自分の思いを伝える。
雄平は公平の信念を感じ取っていた。

 

19話
十実子が「チャイカアになりたい」と愚図り出した。丸山家のチャイカアとは、
「小さい母さん」の略で、定子の代わりに兄弟や手伝いの管理をする役職である。
初代は待子で、現在は六都子に引き継がれている。
十実子にはまだ無理だと兄弟から反対されて泣き出してしまう十実子を慰める為、
公平は「チャイママ」を提案する。

 

20話
1学期が終わり、高校生以下の7人が通知表を持って帰ってきた。
十郎は体育の4を除けば他はすべてオール5という好成績だった。
皆で信平に次ぐ丸山家の星を祝う。一方、九の通知表は散々だった。
そんなある日、七穂子の友達の久美が丸山家を訪れる。
一児の母となった久美は、以前に定子の財布から盗んだ1万2千円を返し、
当時の悪行を素直に詫びた。

 

天までとどけ5のあらすじ

天までとどけ5 01話〜10話のあらすじ

 

天までどとけ5 21話〜30話のあらすじ

 

天までどとけ5 31話〜40話のあらすじ

スポンサードリンク