天までとどけ5の21話から30話のあらすじ

天までとどけ5の21話から30話のあらすじ

スポンサードリンク

21話
十実子がガムのシールを集めて送った懸賞で、テントを当てた。
本当はぬいぐるみが欲しかった十実子の機嫌を取るためにも、
雄平はそのテントを使って八ヶ岳に皆でキャンプに行くことを提案する。
十次郎はリーダーに任命されて、大張り切り!
しかし、前日になって正平、公平、六都子がキャンプに行けなくなってしまう。

 

22話
五郎を除く年長組が行けなくなったことでキャンプのメンバーが大きく入れ替わった。
定子の母・末子と母の定子も付いていくことになった。
更に途中の駅で待ち伏せをしていた九も加わって、
末子、定子、五郎、七穂子から下の子ども達で八ヶ岳に向かうことになった。

 

23話
八ヶ岳を登り始めるも、道案内の表示に悪戯がされていたこともあり、
一行は道に迷ってしまう。更に、濃霧や土砂降りの雨などによって、
キャンプ場へ行くのは断念して一晩はテントを張って山中で過ごすことになった。
一方、六都子は舞台のショーダンサーの面接を受けて、合格した。

 

24話
一夜が明け、公平はキャンプに合流する為に八ヶ岳のキャンプ場に向かう。
キャンプ場に皆がいないことを知って焦るが、幸いにも天気が回復していたこともあって、
キャンプ場から少し離れた渓谷で定子たちを発見する。
キャンプ場に到着した一行は、公平の手料理に舌鼓を打ちながら楽しい時間を過ごす。

 

25話
六都子のショーダンサーのアルバイトが始まった。
働き始めてから「元気さえあれば大丈夫」など面接が軽く進められた理由が分かった。
ショーダンサーとは、ぬいぐるみを着て踊る着ぐるみのアルバイトだった。
ある日、拳銃を持った強盗犯人が人質を取って立てこもる事件が起きた。
犯人は「毎朝新聞の丸山を呼べ」と雄平を呼び出した。

 

26話
拳銃を持つ立てこもりの強盗犯人は、以前に雄平が自主させた強盗犯・島村だった。
雄平が要請に応じて現場に向かい、雄平の説得に応じて無事に人質だけは解放された。
そして、島村が拳銃自殺を図ろうと雄平と揉み合いになった時、拳銃が暴発し、
雄平の脇腹に銃弾が当ってしまう。

 

27話
雄平が病院に運ばれたという知らせを受け、定子や子供達、末子、絹江、
豊橋の修平おじさんなどが早速駆けつけた。
暴発した銃弾を脇腹に受けた雄平は、病院で大手術を受ける。
銃弾を取り除く手術は無事に成功するが、危篤状態のままで余談を許さない。
次の日、雄平はなんとか意識を取り戻して一命をとりとめた。

 

28話
雄平の体は日々順調に回復し、ICUから一般病棟へ移った。
雄平が銃撃された事件を受けて1つの変化があった。
雄平に命の危険が迫ったことで九の中で何かが変わり、突然勉強に励むようになる。
そんな九の姿を見て、信平は九が荒れた理由を推測していた。
また、子ども達は雄平の回復を願って千羽鶴を折って、雄平に届ける。

 

29話
夏休みが終わった。子供達の学校も始まり、いつもの騒がしい朝の時間が始まった。
一方、六都子は尚子さんが勤める黄陽出版のアルバイトの面接を受け、
文学が得意な六都子は見事にアルバイトに採用されることになった。
六都子は出版社のアルバイトで何かが見つかるのではないかとやる気になっていた。

 

30話
尚子さんの紹介から面接を受け、黄陽出版でアルバイトを始めた六都子は、
人生初めての取材を経験した。
一方、公平はモンシェリーという小さなフランス料理店に出会い、
オーナーシェフの岩松さんのお客さんを第一に考える姿勢に共感する。
弟子入りを願い出た公平は、とりあえず数ヶ月は様子を見るということで
モンシェリーで働くことを認められる。

 

天までとどけ5のあらすじ

天までとどけ5 01話〜10話のあらすじ

 

天までどとけ5 11話〜20話のあらすじ

 

天までどとけ5 31話〜40話のあらすじ

スポンサードリンク