天までとどけ5の31話から40話のあらすじ

天までとどけ5の31話から40話のあらすじ

スポンサードリンク

31話
雄平は日に日に回復していたが、今度は定子が胃潰瘍と狭心症で倒れてしまう。
前回と同じように、定子が入院している間は子供達が助け合って家庭を守ることにした。
そんな中、定子は尚子と六都子が勤める黄陽出版から「ママと遊ぼう」という育児雑誌で
子育ての連載をしてくれないかという依頼を受ける。

 

32話
定子は黄陽出版から依頼された「ママと遊ぼう」の連載について、
書ける自信が持てずに思い悩んでいた。
しかし、参考資料として貰った障害者の子どもを持つ母親の手記を読んだ定子は、
数日悩んで末に連載を引き受けることに決める。
定子は自分なりの手記を書いてみようと思っていた。

 

33話
五郎がスーツを着てデートに出掛けた。
五郎は十実子を連れ、友達は妹の露子を連れての遊園地デートである。
五郎は以前から露子に好意を寄せていたのだった。
同じ日、定子の連載が決まった報告も兼ねて、尚子さんが雄平のお見舞いに来た。
その帰り道、正平と尚子さんは告白によって交際することになった。

 

34話
10月も半ば、雄平が無事に病院から退院した。
その夜、丸山家では雄平の退院祝いのパーティーが行われた。
雄平は翌日には毎朝新聞に出社し、自分を撃った強盗犯の島村と面会を果たす。
島村は自分の犯行を雄平に詫び、雄平は自殺を止めることができてよかったと気遣った。

 

35話
定子は九の担任から呼び出しを受けた。
定子は再び九が何か問題を起こしたのではないかと心配するが、
猛勉強をしている九の成績が上がっているらしい。
一方、五郎は思いを寄せている露子が京都へ引っ越してしまいショックを受ける。

 

36話
定子の「ママと遊ぼう」の連載の執筆が始まった。
13人の子育てについての連載で、定子はまず十実子の出産の話から原稿を書き始めた。
原稿を読んだ待子は、十実子の出産を思い出していた。
一児の母となった待子も、今では命の尊さや子への思いが少しは分かるようになっていた。
十郎、士郎、十次郎は自分の連載が待ち遠しいようだ。

 

37話
「ママと遊ぼう」の定子の連載のサブタイトルが「いのちの重さ」に決定した。
一方、六都子は作家の金子先生の家に原稿を取りに行ってくるように上司に頼まれ、
金子先生の家を訪れていた。
六都子は自分の原稿を書いてくれているのかを疑って先生を怒らせてしまうが、
結果として原稿を遅らせることで有名な金子から原稿を受け取る。

 

38話
正平と尚子さんの交際も順調なようだ。
正平は、尚子さんから年明けにも両親に会ってほしいというお願いをされ喜ぶ。
正平は末子には「年明けにも嬉しい報告ができるかもしれない」と言い、
丸山家では素直に雄平と定子にその思いを伝えた。
いよいよ結婚が近くなってきたことを感じ取った雄平と定子は喜びを感じていた。

 

39話
定子の手記が連載された「ママと遊ぼう」が発売された。
が、団地の奥様から「うちには子どもがいないから自慢話を聞くのは辛い」と言われて、
定子は連載を受けてしまったことを後悔していた。
雄平は色々な意見もあると定子を励ます。
一方、モンシェリーが隣の店の火事の延焼によって半焼した。
顔を真っ黒にした公平が深夜に帰ってきた。

 

40話
岩松が丸山家を訪れ、公平をフランスのリヨンへの旅に誘う。
店は暫く営業できないので修行に同伴しないかという誘いだった。
公平は岩松と一緒にリヨンに旅立つことを決めた。
そして、猛勉強をしていた九にも春が訪れた。
なんと、七穂子や八菜子も通う城南大高校に合格したのだ。
雄平は、最初の壁を乗り越えた九を嬉しく思っていた。

 

天までとどけ5のあらすじ

天までとどけ5 01話〜10話のあらすじ

 

天までどとけ5 11話〜20話のあらすじ

 

天までどとけ5 21話〜30話のあらすじ

スポンサードリンク