天までとどけ6の1話から10話のあらすじ

天までとどけ6の1話から10話のあらすじ

スポンサードリンク

1話
公平と五郎がいなくなった丸山家だが、まだまだ家の中は賑やかだ。
育児雑誌「ママと遊ぼう」に連載している定子の子育て手記も好評なようで、
定子も一安心していた。
そんな折、真吾(待子の夫・和田さん)の母のくに子が突然上京してきた。
待子は、しばらくは東京にいるというくに子に内心困っていた。

 

2話
真吾と待子の家に突然、くに子が訪れてきた。
真吾が事情を探ると、どうやら舅と口争いをしてしまい家出をしてきたらしいが、
家事や育児に何かと干渉してくることに待子は頭を抱えていた。
一方、公平はフランス料理の屋台レストランを出すという計画を立てていた。
そして、生徒会長を務める七穂子は、教師の暴言に対して生徒会として謝罪を求める。

 

3話
正義感の強い七穂子は生徒会で学校側に謝罪求めていたが、
生徒会のメンバー達は引き気味になっていた。
拳の下ろし所が見つからない七穂子だけが孤立している状態になりつつあった。
一方、くに子は丸山家を訪れて夫との喧嘩を相談し、雄平に仲裁を申し出る。
結果、雄平たちが仲裁する形でくに子は光へ帰り、待子も一安心していた。

 

4話
公平は、パートナーの先輩の森山を連れて丸山家で打ち合わせをするなど、
屋台のフランス料理店の出店計画を具体的に進めていた。
定子は心の中では心配しつつ、公平の頑張りを見守っていた。
一方、七穂子は更に学校と対立を深めていて、生徒会のメンバーも
学校から目を付けられたくないと七穂子と距離を取るようになっていた。

 

5話
教師の暴言に対する謝罪を求める活動に悩んでいた七穂子を見て、
正義感の観点からは七穂子の行動は決して間違っていないことを伝えたうえで、
雄平は七穂子にアドバイスをした。
数日後、田宮さんから屋台の良い出店場所が見つかったので一度見に行ってはどうかと、
雄平に連絡が入る。都内の一等地でなかなか良い条件の土地のようだ。

 

6話
ある日、階下に住む山脇ルイ子が雄平を訪ねてくる。
ルイ子の夫・政治のギャンブル癖が悪く、雄平から一言言ってほしいとのことである。
ルイ子に頼まれた雄平は一応は政治にギャンブルを控えるように意見するものの、
こればかりは本人に改める気持ちが無いことには治らないことも分かっていた。
一方、遂に正平が尚子さんの両親に会いに行った。

 

7話
士郎が厄介なお願いを引き受けた。
階下に住む山脇正治から「ルイ子の目を盗んで財布を取ってきてほしい」と頼まれた。
士郎は渋々ながらピアノを弾きに来たと山脇家に上がり込む。
ルイ子が士郎の為に林檎を出そうと台所に背を向けている間に、
士郎は机にあった財布に手を伸ばすが、見つかってしまい、定子に連絡が入る。

 

8話
定子は早速山脇家を訪れる。
結局、士郎は事情をすべて話してルイ子さんから謝罪される。
一方、正平は「一緒に住むのはどうかな?」と尚子にプロポーズをした。
もちろん尚子さんも二つ返事でプロポーズを受ける。
前回も良い印象を持たれていないことを感じていた正平は先行きを不安がるが、
正平と尚子さんはその壁を乗り越えようとしていた。

 

9話
尚子さんにプロポーズをした正平は、改めて尚子さんの両親に結婚の挨拶に行く。
しかし、尚子さんの両親の正平への返事は散々だったようで、落胆して帰ってきた。
職場や収入のことを聞かれた正平が正直に話すと、エリート志向の尚子の両親から
収入、職場、将来性のすべてにおいて問い詰められたらしい。

 

10話
相変わらず、正平の結婚話は尚子さんの両親がネックとなって順調には進まない。
そんな中、両親を必ず説得すると意気込んでいた尚子さんが会社を休んでしまう。
黄陽出版に勤める六都子は、正平と尚子さんの間に何かがあったのではないかと心配する。
一方、信平はボストンに留学することが決まり、雄平に報告していた。

 

天までとどけ6のあらすじ

天までとどけ6 11話〜20話のあらすじ

 

天までどとけ6 21話〜30話のあらすじ

 

天までどとけ6 31話〜40話のあらすじ

スポンサードリンク