天までとどけ6の11話から20話のあらすじ

天までとどけ6の11話から20話のあらすじ

スポンサードリンク

11話
ケニアの動物公園への調査団の誘いを真吾が断った。
真吾はもちろん待子の元夫・正木に配慮をしてケニア行きを断ったわけだが、
待子にはその心遣いが苦しい。珍しく二人は怒鳴り合いの喧嘩をしてしまう。
気まずい雰囲気が流れるちょうどその時、くに子が上京してきた。
今度は家出ではないらしいが、くに子は和田家のいつもとは違う空気を感じ取る。

 

12話
真吾がアフリカ行きを断ったことで、真吾と待子の間には妙な空気が流れていた。
くに子が上京してきた手前、話し合うにも話し合えない。
そんな中、公平のフランス料理の屋台「ロボーティ」がオープンした。
物珍しさもあって初日には10万円の売り上げがあり、正平も驚く。
公平は屋台の敵である冬をどう乗り切るかを考えていた。

 

13話
真吾は喧嘩の原因をくに子に打ち明けると、くに子は真吾を一喝する。
くに子は帰宅した待子に、正木の命日はどうしているのかを聞くと、
待子は「一人で手を合わせている」と答えた。それを聞いたくに子は
「それは駄目。これが新しい夫じゃ〜って正木さんに報告してきない。」と
二人で命日に墓参りすることを勧めた。

 

14話
丸山家に珍しいお客さんがやってきた。
英語が得意な八菜子が応対したその相手は、公平のアチーバ号での同僚のアントニオ。
公平も遠くから来た友人との再会を喜び、柔道の勉強に日本に来たアントニオは、
丸山家にしばらくお世話になることになった。
陽気で面倒見が良いアントニオは、すぐに丸山家の子ども達に溶け込む。

 

15話
ロボーティの仕込み・買い出しの為に早朝に起きる公平は、毎朝十郎を起こす。
十郎は早朝にジョギングを始めたようで、七穂子は交換留学生の資料を持って帰ってきた。
雄平と定子は子ども達の夢はできる限りは叶えてあげたいが、留学費用は安くはなかった。
一方、結婚話がなかなか進まない待子は、正平のもとを訪れていた。

 

16話
朝、九がひき逃げにあったと電話が入る。
朝食を摂っていた九は驚き、丸山家では「十郎ではないか?」という声が上がる。
生徒手帳を見せて高校生だと名乗った十郎が新聞配達をしていたことが分かった。
幸い、命に別状は無かった。十郎のお見舞いに訪れた尚子は正平を呼び出すが、
煮え切らない態度の正平に尚子は嫌気がさす。

 

17話
十郎は新聞配達をしていた事情を両親に話した。
公園で知り合った桑原という男が手術のため仕事を離れるので代わりに働いていたという。
一方、五郎が働く警察署管内では連続放火事件が起きていた。
五郎が夜勤の夜に放火が発生し、五郎は火煙の中から少女を救い出す。
次いだ火災現場に急行した五郎は、犯人を見つけ、無抵抗の犯人を殴り倒してしまう。

 

18話
意識を失った無抵抗の放火魔を殴り続けた五郎の問題がトラブルになった。
警官の行き過ぎた行為を見物者が通報し、新聞社も記事の掲載に乗り出す。
雄平は「いつも通りの対応をしてくれ。五郎が俺の息子であることは関係ない。」と
部下に指示を出す。新聞記者の立場を取る雄平を、定子は理解ができなかった。

 

19話
放火の容疑者の意識が回復し、全面自供して警官に抵抗したことを認めた為、
五郎の処分は見送られることになった。
そして、雄平は五郎の寮を訪れる。雄平と五郎は缶コーヒーで乾杯し、
五郎は「一番辛いのはお父さんだろうと思っていた。」と雄平に伝える。
雄平は涙を浮かべて「こんなことで選んだ仕事を嫌いになるんじゃないよ」と言葉をかける。

 

20話
今度は、公平に問題が起き、ロボーティの共同経営者の森山がお金を持ち逃げした。
屋台の車や調理器具の代金などもまだ未払いである。
苦労はかけられないと断るが、雄平が互助会から100万円を借りてくれることになった。
一方、雄平は正平を呼び出して尚子さんとの結婚の話を聞いていた。
雄平は親に反対された結婚はしたくないという正平の肩を押した。

 

天までとどけ6のあらすじ

天までとどけ6 01話〜10話

 

天までどとけ6 21話〜30話

 

天までどとけ6 31話〜40話

スポンサードリンク