天までとどけ6の31話から40話のあらすじ

天までとどけ6の31話から40話のあらすじ

スポンサードリンク

31話
十郎の視神経を圧迫している脳腫瘍を取り除く大手術が無事に成功した。
子ども達から「自分達がいるからお母さんは少し寝てゆっくりとして」と言われても、
十郎のそばにいてやりたいと病院を離れなかった定子も一安心している。
一方、金子先生の家に原稿を取りに行った六都子は、文芸新社の柴田と出会います。
32話
桑原が十郎のお見舞いに来た。
雄平は桑原に十郎から聞いていた行方不明の妻子のことを聞くと、
桑原は家族との再会を熱望している様子だった。
雄平は部下の北小路に桑原の妻子の居場所を掴むように指示を出す。
一方、くに子が上京している待子の家に、尚子さんの父・和夫が現れた。
娘に帰るように説得してほしいという願いに対し、くに子は追い返す。

 

33話
十郎が病院で知り合った盲目の千恵ちゃんの手術は、残念ながら失敗した。
退院した後も千恵ちゃんとは文通することを伝え、十郎は退院した。
そして、公平の屋台に心強い助っ人が現れた。
アチーバ号の同僚のアントニオが公平のロボーティを手伝ってくれることになった。
公平は友人の存在に改めて感謝した。

 

34話
十郎が田宮さんのご厚意で、定子と毎朝新聞の保養所に出掛けた。
定子がいない間、くに子が丸山家を助けてくれることになった。
くに子は、贅沢も言わずにお手伝いを申し出る子ども達に感心した。
一方、金子先生の家で田宮さんの妻・美和子と出会う。
話を聞いてみると、金子の妻・英理子は、美和子さんの高校の後輩らしい。
居合わせた柴田とも食事をし、それがお見合いだと知らせれ動揺する。

 

35話
雄平の部下の北小路君が追っていた桑原の妻子の所在が分かった。
桑原は早速、意を決し、借り物のスーツを着て妻子のもとへ会いに行った。
翌日、くに子が光へ帰る日に待子が2人目を妊娠していることが分かった。
明るいニュースは丸山家にもすぐに伝わり、丸山家の全員が喜んでいた。

 

36話
同級生の不良の木下に片思いをしている八菜子は、スーパーで偶然彼と出会う。
公園で木下と話していると、木下が一人暮らしをしていることが分かった。
一方、六都子が柴田からデートに誘われた。
知人から「面白い店がある」と勧められた柴田が六都子を連れて行ってお店は、
ロボーティだった。兄のお店と聞いて柴田は赤面する。

 

37話
信平が留学前まで教授とお世話をしていた浮浪者のオタルが亡くなった。
時々顔を出していた公平はショックを受ける。
警察の情報からもとは小樽に住む旧・国鉄職員だったことが分かった。
持ち金で買った懐中時計は幸せな当時を思い出すアイテムだったのかもしれない。
そんな折、八菜子が木下の弁当を作って登校するようになった。

 

38話
定子は七穂子から木下が不良であることを聞いて少し心配していたが、
八菜子を信じることにした。
一方、正平と尚子さんは内原家の気持ちを察して結婚式を控える選択をしたが、
尚子の父・和夫は「花嫁姿をも見せない復讐か」とその行為に更に怒った。
雄平は新郎新婦の写真を撮って送るように助言した。
そんな折、木下が父親を刺したというニュースが入った。

 

39話
八菜子が片思いをしている木下は、進学のことで父親と喧嘩をしたらしい。
木下は裕福な家庭だが、お金だけを渡されて一人暮らしをさせられている状態だった。
以前にそれを公園で聞いていた八菜子は、木下に同情し、激しく落ち込む。
そして、正平と尚子が入籍をした。
写真館で和装姿の写真を撮り、二人は内原家にも写真を送った。

 

40話
正平と尚子さんが結婚した。
正平はリゾートホテルから椅子とテーブルの設計をしてほしいという依頼も入り、
デザイナーとしての仕事もなかなか順調のようだ。
正平は色々問題があったものの無事に結婚し、待子は第二子を妊娠、
他の子ども達もこの1年の間にずいぶんと成長した。
雄平と定子は寂しさを感じながらも、子ども達の巣立ちを祝福していた。

 

天までとどけ6のあらすじ

天までとどけ6 01話〜10話のあらすじ

 

天までどとけ6 11話〜20話のあらすじ

 

天までどとけ6 21話〜30話のあらすじ

スポンサードリンク