天までとどけ7の1話から10話のあらすじ

天までとどけ7の1話から10話のあらすじ

スポンサードリンク

1話
十郎が難関の東学大付属高校に合格した。
東学大付属高校に合格した十郎は、今や信平に次ぐ丸山家の未来の星だ。
それに続いて大学受験の発表日を迎えた七穂子だが、合否の連絡が入らない。
そんな中、部屋を片付け始めると、物置に使っていた風呂場に七穂子が隠れていた。
七穂子は不合格で、予備校に通って来年頑張りますと定子に言った。

 

2話
和田家では、待子の夫・真吾がアマゾン調査隊に獣医として参加することになった。
一也の子育て、そして第二子を身篭っている待子を考えて、
真吾は単身でアマゾンに行くことになっていた。
そこへ、山口県の光に住む真吾の母・くに子から連絡が入る。
夫婦が長い間離れることが納得できないようで、待子は嫌な予感がした。

 

3話
五郎が新しい交番に配属となった。
今度の上司・塚田は、小姑のような性格で五郎も苦労していた。
一方、黄陽出版でアルバイトをしている六都子は今後も社員登用は厳しいと知らされる。
六都子は黄陽出版に勤めるか、転職をするか、自分の将来に悩んでいた。

 

4話
予備校に通い始めた七穂子は、六都子から借りた口紅を塗って予備校に出かける。
七穂子は予備校で同じ予備校に通う男性に密かに恋をしていた。
声もかけられず、名前さえも知らない相手に恋をしている七穂子に八菜子は呆れる。
八菜子は定子に相談するが、定子は七穂子の恋を見守ることに決めた。

 

5話
待子は浜田の祖母の家を訪れていた。「真吾がブラジルに行っている間、
実家に戻ろうと思っているが、迷惑にならないか定子にそれとなく聞いてほしい」
というお願いだった。末子は大人になった待子を喜ぶが、その時、待子が産気づいた。
早く病院に行こうという末子に付き添われ、待子は無事に第二子を出産する。

 

6話
待子は無事に第二子を出産し、雄平が「双葉(ふたば)」と名付けた。
一方、五郎はひったくりに遭った片山というおじいさんと知り合いになる。
アマゾン行きを楽しみに準備を進める真吾とは正反対に、待子は少し寂しそう。
そんなある日、田宮さんが雄平のいる毎朝新聞社会部を訪れた。
田宮の会社の仕事を定子に手伝ってほしいとのことだった。

 

7話
定子は田宮さんが設立した編集プロダクション「タイムリー」で働くこととなった。
そんなある日、八菜子の友人の中江順子が売春で補導をされる。
裕福な家庭に育った順子がなぜそのようなことをしたのか、八菜子は分からずにいた。
一方、真吾のブラジル行きに待子が同行しないことに気を揉んだくに子が上京してきた。

 

8話
ある夜、八菜子の友人の順子が素足姿で丸山家を訪ねてくる。
泣き崩れる順子に訳を聞くと、売春を叱られたのではなく、
逆に「何もなかったことにする。」と叱られなかったことに傷付いていた。
定子は、順子を家まで送って行った。
一方、丸山家や和田家では財布からお金が消えるという不可解な事件が起きていた。

 

9話
ある日、待子が丸山家を訪れると、背を向ける十次郎がいた。
怪訝に思い事情を聞くと、兄弟の財布からお金を盗んだのは自分だという。
待子は「今、十次郎は本当に強い人間かどうか試されている。」と言い、
中学生からカツアゲされていることを告白した。
十次郎は今後お金は渡さないことを約束し、雄平から借りたお金で兄弟にお金を返す。

 

10話
くに子は、待子がブラジルに同行しないことがどうしても不満のようだ。
遂には真吾から「夫婦の事には口を出すな!」と一喝されてしまったくに子は、
末子に愚痴をこぼしに行く。
しかし、末子の方が一枚上手で「待子が悪い!定子の育て方が悪い!」と言うことで、
逆にくに子を恐縮させる。その結果、くに子はブラジル行きを認める形で光に帰る。

 

天までとどけ7のあらすじ

天までとどけ7 11話〜20話のあらすじ

 

天までどとけ7 21話〜30話のあらすじ

 

天までどとけ7 31話〜40話のあらすじ

スポンサードリンク