天までとどけ7の11話から20話のあらすじ

天までとどけ7の11話から20話のあらすじ

スポンサードリンク

11話
真吾がブラジルに発ち、待子が丸山家に帰ってきた。
部屋割りも変更され、一也・双葉を連れた待子は一番家の中を動きやすい
ダイニングの奥の部屋が自分の部屋になった。
そんな中、六都子がテレビを見て感動のあまり大泣きをしている。
黄陽出版でアルバイトをしつつ自分の将来を迷っていた六都子は
「シナリオライターになる」と宣言する。

 

12話
片山を巡回した帰り道、五郎は女性から落し物のチラシを受け取る。
「落ちていたチラシを渡すなんて俺に気があるのかな」と思っていた五郎は、
チラシの裏を見て顔色を変える。
チラシの裏には、誘拐されていると書かれていた。
上司の塚田に相談しても悪戯だと取り合ってくれず、
五郎がチラシの住所を訪れると娘婿から「何かの間違い」と一蹴される。

 

13話
六都子を通じて、田宮さんが離婚したことを雄平と定子は知った。
おしどり夫婦だっただけに何かの間違いではないかと驚く。
一方、雄平は毎朝新聞社会部で官僚の汚職事件を調べているうちに、
尚子さんの父である内原和夫の名前が挙がってきたことを気にしていた。
そして、六都子はシナリオライターになる決心を固め、川上詩織先生に手紙を書いた。

 

14話
六都子は川上詩織先生から返事が届かないことに落ち込んでいた。
そんな中、警察官の五郎は友人の片山さんから、誘拐されたと書かれていた女性と
直接連絡が付かず心配していると相談を受ける。
五郎がチラシの住所を訪れると、部屋から顔を出したのはチラシを届けた女性。
部屋の中を覗き込む、監禁されている女性が奥から出てきた。
チラシを届けた女性は、夫の監禁行為が怖くなりチラシを使って五郎に知らせたのだ。

 

15話
松川公房の周吉さんから定子に電話がかかってきた。
ここ数日、正平が仕事場で寝泊まりしているそうで、心配をして電話をしてきた。
雄平が正平を呼び出すと、正平は家に帰っていないことを認めた。
尚子さんと夫婦喧嘩をして、少し距離を持った方がいいと思ったらしい。
一方、川上から返事を貰った六都子は、アシスタントを任されることになる。

 

16話
公平は悩んでいた。パーティーの助っ人に手伝いに来てくれた年上の梶木が、
しばらくモンシェリーにも残ると岩松から聞いたからだ。
モンシェリーを一人で店を任せてもらえると思っていた公平には堪えたようで、
ホテルシェフまで務めた経験豊富な梶木を部下に持つ公平の気苦労は絶えない。
そんな中、陸上部に入った十郎は先輩から陸上の靴を貰って喜んでいた。

 

17話
官僚の汚職事件を進めていくと内原和夫の名が挙がり、雄平は複雑だった。
毎朝新聞にはまだ内原和夫が親族であることは話していない。
そんな折、内原和夫が毎朝新聞の雄平のもとを訪れた。
親戚のよしみでどうか記事にはしないでくれと土下座をする和夫。
雄平は「うちが書かなくても他が書く。」と、和夫の願いをきっぱりと断る。

 

18話
五郎は、巡回中にいつもハンバーガーショップで一人ハンバーガーを食べている
少女が気になっていた。
少女に男性が声をかけたのを救い出したことがきっかけで、少女のたまみと知り合う。
母親が営業職で忙しくて御飯を作ってもらえないというたまみに同情した五郎は、
後日御飯の作り方を教えてあげることを約束する。

 

19話
信州の温泉に行っていると尚子さんに連絡が入り、和夫の行方が分からなくなった。
一方、買い物をしてたまみの家を訪れた五郎は一緒に炒飯を作る。
しかし、そこにたまみの母親が帰宅して、知らない男が家の中にいることに驚く。
事情を知らない母親はたまみに悪戯をしたのではないかと騒ぐ。
五郎は塚田からその軽率な行動を厳しく叱責される。

 

20話
ある日、店の休憩時間にふと定子の旧姓の旧姓「浜田定子」の名前を口に出すと、
樫木がいきなり慌て始めた。
突然仕事終わりに飲みに行こうと誘われ、「浜田定子さんは俺の初恋の人だ。」と
打ち明けられる。樫木は学生時代の初恋の人が忘れられずに未だに独身でいた。
公平は帰宅後、早速定子にその事実を伝える。

 

天までとどけ7のあらすじ

天までとどけ7 01話〜10話のあらすじ

 

天までどとけ7 21話〜30話のあらすじ

 

天までどとけ7 31話〜40話のあらすじ

スポンサードリンク