天までとどけ7の31話から40話のあらすじ

天までとどけ7の31話から40話のあらすじ

スポンサードリンク

31話
雄平が日下代議士の自伝のゴーストライターの仕事を引き受け、
田宮さんの計らいでホテルに缶詰めすることになった。
一方、六都子はシナリオのコンクールに挑戦するために原稿と格闘している。
そんな中、九が学校で喧嘩をして相手に怪我を負わせたと連絡が入り、
待子が謝罪に向かう。待子が頭を下げる姿を見て、九は自分を情けなく思った。

 

32話
1学期が終わり、夏休みに入った。
八菜子は、以前援助交際で補導され現在は伊香保の叔母の下に預けられている
中江順子から届いた手紙の「今でも友達と思ってくれていますか?」という言葉が引っかかり、
順子に会いに行くことにした。
八菜子は、順子の叔母が女将をしている伊香保の旅館を訪ね、順子と再会する。

 

33話
中江順子の申し出によって、八菜子の弟や妹にも伊香保に来ないかと声がかかった。
八菜子からの連絡を受けて、十次郎と十実子の二人が伊香保に行くことになる。
一方、黄陽出版では、アルバイトの六都子が提案した企画が採用されることになった。
尚子さんからもお墨付きを貰い、早速取材に出掛ける。

 

34話
ある朝、定子が立ちくらみを起こして倒れた。
待子が病院へ連れて行くが、幸いにも過労と貧血と診断されただけで一安心する。
一方、自分の企画が採用されて喜んでいた六都子は杉浦編集長から
「これからは泊まることも出てくるので、バイトの六っちゃんには任せられない。」と、
ベテラン社員の加山に仕事を引き継ぐように言われ、ショックを受ける。

 

35話
雄平がホテルに缶詰めになって当初予定していた10日が過ぎた。
まだまだ仕事は終わりそうにない。雄平は大家族を離れた寂しさから、
丸山家に度々電話をかけては子ども達と話していた。
それを察した待子は、弟や妹を連れてホテルを訪れる。
一方、五郎は女性から助けを求められ、傷害事件の事件現場に駆けつけた。

 

36話
五郎が飲食店に駆けつけると、出刃包丁を持った犯人がいた。
五郎はまず周りの人間を避難させたうえで沈着冷静を心掛けて犯人を取り押えるが、
その際に腕を刺されてしまう。
一方、モンシェリーに助っ人に来ていた樫木が店を去ることになった。
少し癖のある人物だったが公平は梶木との別れを惜しんだ。
公平は樫木から「もっと自信を持て。」という言葉を貰う。

 

37話
公平はロボーティ時代からの常連である南原レイさんと交際を始めた。
一方、12針を縫う名誉の負傷をした五郎は久しぶりに片山の家に顔を出した。
五郎が通えずにいた間に片山は風邪をひいていた。
片山は、父親が新聞社に勤める五郎に戦時中の回顧録を自費出版したいと相談し、
五郎はタイムリーに相談しようと定子が働くタイムリーを訪れる。

 

38話
六都子は黄陽出版のアルバイトとシナリオコンクールの執筆で多忙な毎日を送っていた。
ある日、川上詩織先生に原稿をチェックしてもらうと、誤字が多いことを指摘される。
詩織先生は、原稿を読み直さずいい加減な原稿を持ってきた六都子を注意する。
ショックを受けた六都子は、正平の家に寄って正平や尚子さんに愚痴をこぼす。

 

39話
ホテルに缶詰になっていた雄平が、遂に家に帰ってくる。
ホテルと毎朝新聞を行き来する仕事浸りの3週間から解放され、
雄平も少し疲れているようだ。丸山家に雄平が戻り、定子や子ども達も安心感に包まれた。

 

40話
夏休みも終わり、騒がしい丸山家の朝が戻ってきた。
相変わらず、久米川ひなこは幸せな丸山家に嫉妬している。
一方、シナリオコンクールに作品を出した六都子は、三次選考で落選した。
数日後、松川公房の正平を公平とレイが訪ねる。
婚約の挨拶に来た二人を正平は祝福し、雄平らにも2年後に結婚を予定していると報告した。

 

天までとどけ7のあらすじ

天までとどけ7 01話〜10話のあらすじ

 

天までどとけ7 11話〜20話のあらすじ

 

天までどとけ7 21話〜30話のあらすじ

スポンサードリンク