天までとどけ8のあらすじ

天までとどけ8のあらすじの概要

スポンサードリンク

天までとどけ8は、1999年に放送された「天までとどけ」の最終シリーズです。

 

天までとどけ8のあらすじの主なテーマは「雄平の独立」です。
他には、「七緒子と演劇」「六都子の恋」などについても描かれていますが、
全15話ととてもコンパクトなシリーズになっています。

 

天までとどけ8は、9年間続いたドラマを締めくくる演出が取り入れられていて、
オープニングクレジットの前には過去の天までとどけの映像が流れます。
各話ごとにまだ幼い子供達の映像を懐かしむことができます。

天までとどけ8の番組情報

制作年、放送期間 1999年3月22日 - 4月9日
全話数 全15話
制作 TBS、アンテンヌ
原作 各務英明、坂井清
脚本 布勢博一
ドラマ主題歌 安達祐実「涙くんさよなら」
プロデューサー 高橋泰
ディレクター・監督 鈴木晴之

天までとどけ8のあらすじ

天までどとけ8 01話〜10話のあらすじ

 

天までとどけ8 11話〜15話のあらすじ

スポンサードリンク