天までとどけの七穂子(なおこ)

七穂子(なおこ)

スポンサードリンク

七穂子(なおこ)は、天までとどけに登場する丸山家の三女。
七穂子は丸山家の子供たちの中でも一番度胸があります。
天までとどけの七穂子・一瀬奈織

 

中学生の頃などは、その気の強さから不良からも人気がありました。
不良の友人・久美の代わりに不良の相手グループの中に一人で乗り込んでいったり、
「決闘の立会人」なども務めたこともあります。
正義感の強さから、七穂子は城南台高校で生徒会長を務めていました。

 

小さな頃からの夢は検事になることでした。
高校卒業後、希望の東都大学には入れず浪人しますが、予備校で津村君に恋をします。
翌年、大学には入学しますが、七穂子は入学後たった三ヶ月で自主退学してしまいます。
演劇に目覚めた七穂子は劇団研究生の道を歩みだします。

 

なお、20周年記念に開かれたイベント「20周年だよ!天までとどけ!」の動画内で、
「七穂子さんは仕事の都合により顔出しはNG」とのお言葉がありました。
そのため、シリーズ後半の写真の使用は控え、幼少期の写真を使用しています。

 

天までとどけの七穂子(なおこ)

丸山家:三女(13人兄弟の7番目)
俳優:一瀬奈織さん

スポンサードリンク