天までとどけの雄平(ゆうへい)

雄平(ゆうへい)

スポンサードリンク

雄平(ゆうへい)は、天までとどけに登場する丸山家の父。
子供達から絶大な信頼をされている、子供思いのとても優しい父親です。
天までとどけの雄平・綿引勝彦

 

雄平は大学卒業後、毎朝新聞の採用試験に落ち、アルバイトとして毎朝新聞に入社。
アルバイトから社員採用になり、田宮さんの下、社会部記者として働く。
大スクープを挙げたことによって、社会部デスクに昇進する。(天までとどけ2)
本人曰く、アルバイトからの入社だからこそ、論説委員などの管理職に就くのではなく、
定年までの長い間ずっと現場にいられたと満足している。

 

仕事柄、社会部記者としては波乱万丈で、立てこもり事件の現場で犯人に銃撃されり、
闇の人物から命を狙われたり、単身赴任経験もあります。

 

雄平は新聞記者としての仕事には個人的な私情を一切挟まず、
尚子さんの父が関わった汚職事件や五郎の犯人への暴行事件の時には、
親族という甘えを一切断ち切って、社会部デスクとしての仕事に努めました。
定年退職を前に会社からの企画事業部への配属を断り、
毎朝新聞を33年で退社してフリーのジャーナリストになります。

 

「こんな素晴らしい父親がいればいいのに…。」と視聴者の誰もが思う父親で、
雄平の独特の教育論や親子論には考えさせられます。

 

家族から全幅の信頼を寄せられているものの、厳格なキャラクターではありません。
七穂子と八菜子が家で小火騒ぎを起こした時には、消火器の粉で顔が真っ白になり
「オカルトキューピー」になりました。

 

髪の薄さは気になっているようで、お風呂上りにはいつも育毛剤を使っています。
趣味は読書と将棋。

 

天までとどけの雄平(ゆうへい)

丸山家:父
俳優:綿引勝彦さん

スポンサードリンク