天までとどけ8の1話から10話のあらすじ

天までとどけ8の1話から10話のあらすじ

スポンサードリンク

1話
大学に進学した七穂子はコンパや広告研究会のサークルで夏休み中も毎日出かけていく。
丸山家の環境も変わり、八菜子は美容専門学校へ、待子はアルバイトを始め、
タイムリーを辞めた定子が一也と双葉の面倒を見ていた。
尚子さんは父と母の看病の為に休職し、鳥取に帰っていた。
一方、雄平は社会部から企画事業部への辞令が下り、受け入れるかどうか迷う。

 

2話
モンシェリーを任されている公平は、婚約したレイと順調に交際を進めている。
六都子は金子先生と川上詩織先生の下働きをしている。
川上詩織先生を通じて、野中という同じ作家を目指す男性とも出会った。
雄平は新聞社を退職して独立を考えているようだ。
一方、連日帰宅が遅い七穂子を雄平と定子は心配していた。

 

3話
九と親友の野呂は相変わらず、悪戯に明け暮れていた。
8月のある日、雄平は部下の北小路から「七穂子の芝居が立派だった。」と声をかけられ、
何事かと驚く。その晩、七穂子が雄平の部屋に呼び出された。
芝居を隠す必要はないという言葉に対して、七穂子は大学を辞めたことを告白する。
たった数ヶ月で大学を辞めた雄平と定子はショックを受ける。

 

4話
定子は七穂子が大学を無断で辞めたことに相当ショックを受けていた。
いたたまれなくなった待子は、劇団を紹介した六都子、七穂子を責める。
八菜子も「大学の授業料を八菜子の美容学校の学費に充てて…」という言葉に、
七穂子に恩を売られたようで憤りを感じていた。

 

5話
企画事業部への異動の辞令を断っての独立を悩んでいる雄平に対して、
田宮は「まだ小さな子供がいるんだから路頭に迷うような真似をするな」と雄平に言う。
一方、七穂子は黙って退学したことを反省し、定子も徐々に立ち直りつつあった。
そして、ボストンに留学している信平が夏休みに一度丸山家に帰ってくることになった。

 

6話
ボストンに留学している信平からの帰国の連絡は、丸山家は一気に明るくした。
夜、北小路を連れた田宮が丸山家を訪れた。
ひどく酔っぱらっている様子の田宮だったが、雄平に今一度独立を諦めるように勧める。
一方、シナリオの先輩・野中に自分のシナリオを読んでもらった六都子は、
「今までで一番良い出来だと思う。」と、シナリオのコンクールに出すように勧められる。

 

7話
六都子が正平の家を訪ねた。正平に会ってほしい男性がいるという。
野中の話を嬉しそうに話す六都子を見て、もう好きになっているよと正平は言う。
一方、結婚に向けて順調に話が進んでいる公平とレイは、
モンシェリーのオーナー・岩松に仲人をお願いした。
その夜、公平の誕生日会が行われた丸山家にはレイの姿もあった。

 

8話
十郎は高校駅伝に向けて日々練習に励み、七穂子は劇団の秋公演で役を貰う。
念願の役が付いたことを雄平や定子、兄弟達も祝福した。
一方、公平はレイさんのご両親に挨拶に出掛け、南原家からも良い返事を貰ったようだ。
雄平の独立を心配する定子を見かねて、待子は雄平にお母さんと相談してほしいと言った。
そして、信平が丸山家に帰ってきた。

 

9話
信平がボストンから帰国した。
信平は一番仲良しの公平の結婚を祝い、レイに婚約・結婚祝いのブレスレットを渡す。
数日後、丸山家の兄弟達が全員集まっての雄平の独立についての話し合いが行われた。
雄平の仕事の問題について兄弟たちとしての意見を出そうと集まった集会だったが、
話し合いの途中で意見の違いから信平と五郎が殴り合いの喧嘩を始めてしまう。

 

10話
東演パラータの稽古場を訪れた雄平は、演出家に怒鳴られて泣き悩む七穂子の姿を見る。
定子と雄平は、子を見守ることしかできない親という立場の寂しさを感じていた。
一方、六都子は野中から1泊2日の箱根旅行に誘われる。
そして、信平は「やりたいことをやれば」と雄平に言葉を残して、ボストンに戻った。

 

天までとどけ8のあらすじ

天までとどけ8 11話〜15話のあらすじ

スポンサードリンク