天までとどけの1話から10話のあらすじ

天までとどけの1話から10話のあらすじ

スポンサードリンク

1話
丸山家は、父・丸山雄平と妻・定子をはじめ、12人の子どもがいる14人の大家族。
公営住宅の3DKに14人が暮らしています。
育ち盛りの子ども達も多い丸山家の食卓やトイレは毎日が戦場です
長女の待子は、母と一緒に弟や妹の面倒をみることに毎日が手一杯で、
好きな音楽さえも聞けない自分の家庭に嫌気がさしていました。

 

2話
高校に入っや思春期の待子は、12人兄弟であることに内心不満を感じていました。
というのも、高校では14人の大家族であることが分かると、
クラスメイトから「ええ!」「うそ〜。」「信じられない!」という声の連続で、
男子生徒からは「お前んちの親は好きだなぁ」と言われる始末。
そんな中、雄平と定子のもとに13人目の赤ちゃんができたことが分かりました。

 

3話
定子に13人目の赤ちゃんができたことを知った待子は、雄平に中絶を願い出ます。
そんな中、毎朝新聞の社内では、丸山家の現状を見かねた雄平の同僚が出した
「不要になった古着は丸山家へ」という社内組合報が回っていました。
すぐに本社や全国の支局から丸山家のもとに宅急便が続々と届きました。
たちまち丸山家の家は古着で占領されることに…。

 

4話
毎朝新聞の本社や支社の人々から届いた古着は大家族でも使い切れない量になり、
結局は古着の山は日本赤十字に寄贈されることになりました。
一方、13人目の子どもの出産に向けて病院で精密検査をした定子の体には、
心臓の一部に穴が開いていることが分かりました。
これ以上の出産は命の保障はし兼ねると、定子は医師から中絶を勧められます。

 

5話
長男の信平は定子に大学進学をやめようかと相談していました。
兄弟思いの正平は、妹や弟を進学させる為にも自らの進学をやめようかと考えていました。
一方、出産を前にした定子の病状を聞くために医師の説明を受けた雄平も、
「定子の命には代えることができない」と定子に中絶をするように説得しました。
その会話を聞いていた待子は…。

 

6話
定子の13人目の出産には命の危険が伴うことを知った待子は、
兄弟を集めて母の出産について話し合い、出産をしてほしくない意見でまとまりました。
しかし、定子は「自分とお腹の子の命を天秤にかけることができない」と中絶に否定的です。
一方、病院では定子の出産に向けて特別医療チームが組まれることになりました。

 

7話
定子の出産に反対していた正平や待子も、両親の子どもへの思いが分かったことで
母の出産に賛成するようになり、兄弟達で助け合って家庭を支えていくことも決まりました。
定子は実家で出産することだけを伝え、心臓疾患については心配をかけまいと黙っていました。
雄平は、家族が増えると今の家では限界があると、広い家への引っ越しを提案しました。

 

8話
広い家に引っ越したいという提案に舞い上がる丸山家の子供達。
兄たちは不動産屋の住宅情報を沢山チェックし、妹たちは理想の家の絵を書いて、
広い家に夢馳せていました。
正反対に、雄平は不動産屋から「子供は部屋を壊す。」「厳しい。」という意見を聞き、
簡単には引っ越しは叶えられそうにないと考えていました。

 

9話
高校で担任から呼び出された正平は、担任に事情を相談し
、経済的な問題も含めて両親とよく話し合うことを勧められました。
兄弟の進学や経済事情のためにも自らの進学を諦めることを伝えた正平は、
雄平と定子から大反対されます。正平はもう一度よく考えることにしました。

 

10話
13人目の子どもを迎えるにあたって広い家を探していた雄平は、
不動産屋から「丸山さんでは?」と声をかけられます。
なんでも「広い部屋を探している14人家族の丸山さん」は不動産業界では有名人だそう。
そんなある日、13人目の子どもを身ごもっている定子が体調を崩してしまい、
待子が付き添いのもと病院を訪れます。

 

天までとどけのあらすじ

天までとどけ 11話〜20話のあらすじ

 

天までどとけ 21話〜30話のあらすじ

 

天までとどけ 31話〜40話のあらすじ

 

天までどとけ 41話〜50話のあらすじ

 

天までとどけ 51話〜60話のあらすじ

スポンサードリンク