天までとどけ7の21話から30話のあらすじ

天までとどけ7の21話から30話のあらすじ

スポンサードリンク

21話
公平と共に働く梶木の初恋相手が定子であることが分かり、
七穂子と八菜子は定子と梶木を巡り合わせようと企てる。
丸山家で開く公平の誕生日パーティーに梶木を呼び出そうと計画した。
二人は定子に美容院に行って綺麗な服を着ろと言い、定子も不思議がっていた。
梶木がやってきた。そこには、同姓同名の別人の浜田定子(お母さん)がいた。

 

22話
雄平が勤める毎朝新聞は、変わらず官僚の汚職事件を追っていた。
政治部に爆発物の小包が届き緊張感が高まっていた時、
社会部の雄平宛にも大学時代の友人名義で小包が届き、慌てて避難する。
一方、待子はルイ子に誘われて卵の安売りをしている久米川ひな子の家を訪れたが、
久米川から予約で一杯になったとあからさまな嫌がらせを受ける。

 

23話
官僚の汚職事件を追っている雄平宛に、尚子の父・和夫から
お金の受け渡しが克明に記された郵便物が届いた。
数日前、「洗いざらい告発してみてはどうか」と内原を口説いたことが実を結んだ。
雄平は内原の内部告発に敬意を表し、翌日の新聞の一面に記事を掲載した。
新聞記事で父が携わった事件を知った尚子は、正平の胸の中で泣き崩れた。

 

24話
雄平は仕事からの帰り道、待ち伏せをしていた正平に出会う。
正平は「尚子の落ち込んでいる姿を見るのが辛い。その記事をよりによって、
親父が書いたことがやるせない。」と雄平に話した。
雄平は、息子の妻の父であることに心を痛めていながらも、
内部告発してくれた手記を記事にしないのは逆に失礼だと話した。

 

25話
六都子はいつものように金子先生のお宅に原稿を取りに行っていた。
いつもとは違う改まった空気に、金子と金子の妻・英理子は重い口を開いた。
六都子に金子家に養子に来てほしいという誘いであった。
金子は、大学に通って文学を追究してもいいし、好きなことをしたらいいという。
突然の申し出に、六都子は少し時間を下さいと申し出た。

 

26話
久米川ひなこが待子に苦情を言いに来た。
団地にリフトを付けたいと待子が言っていると勘違いをして物言いに来たのだ。
とにかく待子が気にいらないらしい。
一方、六都子は川上詩織先生から預かった原稿を帰宅途中に落としてしまう。
詩織先生と六都子は徹夜作業で台本を作り直し、
夜明けに原稿が出来た六都子は詩織先生の優しさに号泣してしまう。

 

27話
正平と尚子さんの家を、内原和夫が訪れた。
内原は、内部告発をして重荷から解放されたようで、二人の結婚を祝福した。
一方、タイムリーにパートに出ている定子の代わりに子供達の懇談会に出ている待子は、
士郎が最近昼の授業に遅れてくると担任から話を聞いた。
家で士郎を問い詰めると、津軽三味線を聞きに行っているという。

 

28話
七穂子がビルの清掃のバイトを始めた。
事後報告だったが、七穂子なりに少しでも学費の足しにしてほしいと思っていた。
そして、六都子は養子の話をお断りした。その頃、古賀が丸山家を訪問する。
酒屋の主人となった古賀が営業のついでに寄ってくれたらしい。
お土産に貰った地酒は、1本は雄平が、1本は金子先生にお裾分けした。

 

29話
階下に住むルミ子が待子にとんでもない知らせを持ってやって来た。
久米川が待子が浮気をしていると噂立てているらしい。
待子は先日、古賀が訪ねて来て古賀と握手をしたことを思い出し、
それを久米川ひなこが見ていたのだと思い当る。
そんな時、ボストンに留学している信平からビデオレターが届いた。

 

30話
五郎が丸山家に帰ると、玄関前に九の親友の野呂が顔を腫らせて座り込んでいた。
詳しい事情を聞くと、野呂は父に大学に進学をしないことを告げると殴られたらしい。
父子家庭に育った野呂の父は息子に学歴を付けてもらいたく、
野呂は父の後を継いで鳶の仕事をしたがっていた。
五郎が親父さんと仲良くしろよと慰め、野呂を見送った

 

天までとどけ7のあらすじ

天までとどけ7 01話〜10話のあらすじ

 

天までどとけ7 11話〜20話のあらすじ

 

天までどとけ7 31話〜40話のあらすじ

スポンサードリンク