天までとどけ4の31話から40話のあらすじ

天までとどけ4の31話から40話のあらすじ

スポンサードリンク

31話
中学二年生になった八菜子が初恋を迎えた。
相手は七穂子のクラスメイトの大川君らしい。七穂子はハ菜子からお願いをされて、
インタビューという形で大川君の誕生日や好きなものを聞いていた。
一方、八菜子は祖母・末子の指導を仰ぎ、マフラーを編むのに必死になっていた。

 

32話
六都子は進路に悩んでいた。大学で国文学を学びたい気持ちがあるが、
六都子は13人の子供達を育てている丸山家の経済状態も気になっていた。
そんなある日、七穂子は大川君から手紙を受け取る。
色々と聞きだされた大川君は七穂子が自分に気があると勘違いをして、
七穂子に好感を持ったらしい。七穂子はどうすればいいのか分からず、定子に相談した。

 

33話
公平は現在働いてるフランス料理店のセゾンでアルバイトを続けるか、
就職が決まった名古屋のビジネスホテルに行くか自分の将来に悩んでいた。
相談を受けた正平は、悩むくらいなら行かない方がいいと助言する。
一方、八菜子は大川君に告白をしたものの、振られてしまう。
定子の体調が長らく悪いことに子ども達も心配し始めていた。

 

34話
定子は、階段の上り下りも休憩が必要なほど体調を崩している。
家族の勧めから病院で検査をすると、B型肝炎にかかっていることが分かった。
空きベッドがないために、暫くは自宅療法となる。
一方、六助はまだ住む場所が決まっていなかった。
定子は末子の家の2階が空いていることを思い出し、六助は居候することになった。

 

35話
定子の入院で、みんなで手分けをして家事を分担することになった。
一方、浜田美容室の前を六助さんが掃除をしていたことから、再婚したと近所で噂になる。
五郎が警察学校の入学試験を受けるその日、定子の入院が決まった。
定子は再び丸山家を離れることを心配していた。

 

36話
五郎が警察学校の試験に無事に合格した。丸山家の家計は、
定子の入院費やお見舞いの交通費に加え、雄平がスリにあったことで火の車である。
丸山家の倹約生活が始まった。一方、定子は毎日子ども達に手紙を書くことにした。
警察学校に合格した五郎に向けて最初の手紙が届いた。
五郎の思い出や母の思いに五郎は胸を熱くした。

 

37話
定子から子ども達への手紙が次々に届いた。
未熟児で生まれた八菜子や豊橋の祖父の家で池に落ちた九の思い出など、
それぞれの子どもに対する定子への思いが綴られていた。
公平はセゾンのシェフの大沢から豪華客船の見習いコックに推薦される。
1年は帰ってこれないが、公平はシェフとして推薦を受けたということが嬉しかった。

 

38話
七穂子が城南大高校に合格した。
定子が入院する病院に、七穂子と黒髪になった久美が卒業証書を片手にお見舞いに来た。
非行に走っていた久美も、今ではすっかり更生されたようで定子は喜ぶ。
久美からの手紙には「もう1人のお母さんだと思っています。」と綴られていた。

 

39話
丸山家の経済問題を解消するための節約生活も、徐々に定着してきた。
信平は定子の病室を訪れ、「手紙に一番気にかかる子だと書かれていたのが堪えた」と話した。
自分達の手紙が届かないので愛されていないんじゃないかと心配になっていた十郎と士郎に、
最後の手紙が一緒に届いた。待ちに待った母からの手紙に、十郎と士郎は大喜びした。

 

40話
丸山家では五郎と公平の門出を祝う夕食会が行われた。
五郎は警察学校の寮へ、公平はアチーバ号に乗って日本を離れることになる。
数日後、待子と和田さんから嬉しい知らせが届いた。
第一子を妊娠したのだ。雄平も早速まだ生まれぬ孫の名前を考え始めた。
雄平と定子は、巣立っていった子ども達とこれから巣立つ子どもの幸せを願っていた。

 

天までとどけ4のあらすじ

天までとどけ4 01話〜10話

 

天までどとけ4 11話〜20話

 

天までどとけ4 21話〜30話

スポンサードリンク