天までとどけ6の21話から30話のあらすじ

天までとどけ6の21話から30話のあらすじ

スポンサードリンク

21話
ロボーティの共同経営者の森山が売上を除くすべての資金を持ち逃げした為、
公平はロボーティを一人で切り盛りすることになった。
しかも、毎朝新聞から雄平が借りてくれた100万円も分割返済していかなければならない。
屋台に顔を出したモンシェリーの岩松さんが公平が結婚したと誤解したように、
休日は妹の六都子が屋台を手伝ってくれている。

 

22話
待子の長男・一也が公園デビューする。
待子は七穂子の友人の久美からその大変さを聞いていた。
試しに真吾が公園に連れて行くと、ママさん達は親切にしてくれたようで安心する。
後日、待子が一也と公園に行くと「奥様がいたのね」と公園デビューの洗礼を受ける。
皆が真吾に親切にしてくれたのは「男やもめ」と思われていたからだった。

 

23話
和田家は伊豆旅行を計画していた。しかし、前日にくに子が上京してくる。
待子たちは旅行に行くとはいえずにキャンセルしようとするが、
事情を知らない定子は待子たちが旅行へ行くことをくに子に言ってしまう。
結果、真吾の提案で、定子とくに子に旅行がプレゼントされた。
一方、六都子は尚子宛の正平からの手紙が会社に届いたことが気になっていた。

 

24話
九から十次郎の4人の子供達が十郎の友達の兄から借りたという青年向け雑誌を、
部屋に閉じこもって読んでいた。
それを見つけた六都子達は早速、雄平に九達が青年雑誌を読んでいたことを報告する。
翌日、雄平は古本屋で青年向け雑誌を10冊買ってきた。
そして、九から十次郎にすべての雑誌に目を通して感想文を出すように命じる。
読書をしている部屋は兄弟立ち入り禁止となった。

 

25話
最初は青年向け雑誌を喜んで読んでいた子ども達も、次第に嫌気がさしてきた。
旅行から帰った定子はその光景に驚くが、雄平にはある目論見があった。
「青年向け雑誌は隠れて読むのが面白いわけで、嫌ほど読めば興味も無くなるはず」
というものだった。
定子と雄平は4人の感想文を読んで、雄平は子供達を前に話をした。
性に興味を持つのは悪くないが、女性は物ではないということを子ども達に伝えた。

 

26話
突然目の異常を訴えた十郎を病院へ連れて行くと、頭に腫瘍があり、
それが視神経を圧迫していることが分かる。
放っておくと失明の恐れもある為、雄平と定子は手術の選択をする。
100%成功するわけではないという医師の言葉に定子は不安を募らせますが、
雄平は確実に成功する手術なんて無く医者ならそう言うはずだと定子を諭した。

 

27話
十郎が脳腫瘍の手術の為に病院に入院をした日、
新聞配達中の十郎をひき逃げした20歳の予備校生の犯人が捕まった。
一方、六都子は正平が結婚を反対されている本当の理由を定子に話す。
13人兄弟の長男であることがネックになっていることを聞いた定子は落ち込み、
罪の無い正平へ申し訳なく思う。

 

28話
ある日、入院をしている十郎の前に桑原が現れた。
桑原は、自分の身代わりに新聞配達をしてくれた時の交通事故がきっかけで、
今回の失明の問題を引き起こしてしまったのではないかと十郎を心配している。
桑原は席を外している定子に手紙を書いたと十郎に封筒を手渡す。
定子が病室に戻り封筒を開けると、見舞金としては高額な10万円が入っていた。

 

29話
尚子さんが家出をして丸山家を訪れた。正平から貰った手紙を読んで決心したらしい。
正平も覚悟を決め、尚子さんの手を取り「一緒に飛ぼうか」とプロポーズする。
雄平の勧めから尚子さんは実家に連絡を入れるが、すぐに電話を切られてしまう。
後日、尚子さんの父・和夫が毎朝新聞の雄平のもとを訪れ、
「尚子は勘当した。正平を憎む。」と雄平に伝えた。

 

30話
手術当日、何も知らない末子が丸山家を訪れた。
血圧が上がるといけないので十郎の手術のことは伏せていたのだ。
家で仕込みをしていた公平は末子にバレないように必至に誤魔化すが、
定子からの電話から病院の院内アナウンスが聴こえたことで手術がバレてしまう。
案の定、節子の血圧は急上昇し、浜田の家で寝込んでしまう。
一方、十郎の脳の手術が始まった。

 

天までとどけ6のあらすじ

天までとどけ6 01話〜10話のあらすじ

 

天までどとけ6 11話〜20話のあらすじ

 

天までどとけ6 31話〜40話のあらすじ

 

スポンサードリンク