天までとどけ7のあらすじ

天までとどけ7のあらすじの概要

スポンサードリンク

天までとどけ7は、1998年に放送された「天までとどけ」の第7シリーズです。

 

天までとどけ7のあらすじの主なテーマは、「尚子さんの父が絡む官僚汚職事件」です。
正平の妻を思う思い、雄平の義娘を思う思い、雄平の新聞記者としての仕事など
それぞれの思いが交錯します。また、個々の道を歩み始めた子供達の姿が描かれています。

 

天までとどけ7では、川上詩織先生、シェフの梶木さん、団地のボスの久米川ひなこ、
五郎の上司の塚田巡査部長など、個性的なキャラクターが多く登場します。
丸山家の兄弟達と個性的なキャラクターのそれぞれのサブストーリーにも注目です!

天までとどけ7の番組情報

制作年、放送期間 1998年4月6日 - 5月29日
全話数 全40話
制作 TBS、アンテンヌ
原作 各務英明、坂井清
脚本 布勢博一、佐藤五月
ドラマ主題歌 安達祐実「涙くんさよなら」
プロデューサー 高橋泰、山村俊史
ディレクター・監督 鈴木晴之、白川士

天までとどけ7のあらすじ

天までどとけ7 01話〜10話のあらすじ

 

天までとどけ7 11話〜20話のあらすじ

 

天までどとけ7 21話〜30話のあらすじ

 

天までどとけ7 31話〜40話のあらすじ

スポンサードリンク